ベクターとビットマップの違いって?

Adobe社の有名なドローソフト(イラスト描画ソフト)といえば、Illusratorですね!

Illustratorですがベクター・グラフィックのイラストを描けるのが大きな特徴です。

それに対し、

さて、このベクター・グラフィックとはいったい何のことなんでしょう?

ベクターとビットマップの違いって?

このIllustratorのベクター・グラフィックに対し、同じくAdobe社のPhotoshopはビットマップ・グラフィックのイラストを描画することができます。

____

ビットマップ・グラフィックとは、色付きのドット(点)で絵を表現したものです。
そのため、想定以上に拡大して見たときに粗いドットが丸分かりになってしまいます。
それに対して、ベクター・グラフィックとは、線や色を数値で表現したもので、文字通り線をベクトル(力線)データのまま表現・保存できます。

そのため、ベクトル画像データが読み込めるソフトであれば、どこまで拡大しても、シルエットは明確な線のままです。

Illustratorは、慣れるまで使い方が難しいです。

ぜひこちらのコースで学習してみてください!

はじめてのIllustrator入門講座 フルセット版

はじめてのIllustrator入門講座 フルセット版

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク