英語で小数点第二位って何ていう?小数点を読むときの作法まとめ

意味は分かるんだけど、読み方が分からない。
英語ではそういった状況が時々あります。
中でも記号の読み方は読み方が分かりにくい典型例です。

今回は小数点の読み方の英語表現を紹介します。

decimals

そもそも「.」は何と読むのか

英語では小数点のことをdecimal pointと言います。

そして「.」はそのままpointと読みます。

3.5ならthree point fiveと言います。

小数点以下の数字の読み方

小数点以下の数字は日本語と同じように、その数字を1桁ずつそのまま読みます

1.53が「いち てん ご さん」と読むように、英語でも one point five threeと読みます。
one point fifty-threeとはならないことに注意しましょう。

小数点に関わる前置詞の使い方

「小数点以下」という言い方ですが、英語では after the decimal point と言います。「小数点の後」という言い方になりますので、注意しましょう。

また、「小数点第3位まで」は to three decimal places という言い方をします。「まで」は to を使い、第n位というのは n decimal places という言い方をします。「小数点第4位まで計算しなさい。」なら Calculate to four decimal places. となります。

0の読み方

日本語ではあまり気にしなくていい0の読み方ですが、英語の場合はルールがあります。
小数点の前にある0と後にある0で少し傾向が異なるので注意しましょう。

小数点より前にある0の読み方

まず、小数点の前の部分が0の場合は、以下のうちのいずれかの読み方をします。

  • zero
  • oh
  • nought

特にnoughtと言うのはあまり聞いたことがない方も多いかもしれませんので注意しましょう。

0.3は nought point three と読みますが、nought と聞いて「?」とならないようにしましょう。ちなみに発音は「ノゥト」です。

小数点の後にある0の読み方

小数点より後の部分については基本的にohと読むのが一般的です。

2.04であれば、 two point oh four となります。

ohの読み方は「オー」なので、カタカナで書くと トゥー ポイント オー フォー となります。


いかがでしたか。
日本語ではよく目にする小数点ですが、意外と英語でなんと読むか知らなかった人も多いはずです。一度覚えてしまえばどうということはないのでしっかり覚えておきましょう!

10時間で英語脳育成プログラム マンガENGLISH

10時間で英語脳育成プログラム マンガENGLISH

コメント