仕様書はExcelで管理してもいいんじゃないの?

システムの開発現場でよく聞く声、それが『Excelで仕様書を管理するな!』というもの。

「えっ!?Excelって表計算ソフトだし仕様書を作ることなんてあるの!?」

そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はけっこう多いんです。

ではどんな点がExcelに物足りないのでしょうか?

印刷が上手くできない

tone-deaf-1

せっかくレイアウトも凝ってファイルができた!

いざ印刷!!!

とやってみたらレイアウトずれ…悲しいけれどよくあることです。

文書を書くのに向いていない

images (1)

Excelではインデントや目次をつけるのが難しいです。

表計算ソフトですから「きっちりとした文書」を書くのには向いていません。

そもそも仕様を管理するものではない

images

一番聞くのがこれですね。

「Excelは表計算ソフトだから仕様を管理するものではないでしょう!」と文句を言う方。

「このソフトはそもそもこういう使われ方をする為に作られたものではない」という理由で気に食わないということですね。

ですが、ExcelにはExcelの良いところがたくさんあります。

例えば、グラフやオートシェイプの作成や配置が簡単だったり、文字の配置なども簡単に行うことができます。

もちろんしっかりとしたフォーマットで文章を書く場合にはExcelではなくWordのほうが良いでしょう。

ですが、そこまでフォーマルではないファイルではExcelで十分ではないでしょうか。

仕様書は最終の成果物ではありません。最終的にはシステムを納品するのです。

形ばかりにこだわらず、使いやすいソフトをその状況に応じて利用するようにしましょう。


いかがでしたか?

こういうときはこのツール!と固定観念に囚われず、使いやすいケース、フォーマルでなくても問題ないケースにはExcelを積極的に使っていきましょう!

Excelもショートカットキーを使ったり、マクロを使ったりでだいぶ効率があがりますよ!

normal_excel_tairyo

スポンサーリンク