起業に必要な3つのマインドセットを身につけよう

ここ数年、かつてないほど起業をしやすくなったと言われています。
それは、クラウドサービスなどにより初期投資があまりかからなくなった、またシードアクセラレーターと呼ばれる創業間もない企業を支援する団体が増えたことなどが背景としてあげられます。

ですが、ただ「儲かりそうだから◯◯をしよう」という考えで起業をするのでは、方向性がぶれたり自社の強みを上手く活かせないことがあります。
ここでは、起業をする前に身につけておきたい3つのマインドセットをご紹介します。

3つのマインドセット

1.誰に対してどんな価値を届けたいのか

komata

世の中は困ったことや課題にあふれています。
例えば、とある企業の人事部では「就職活動中の学生たちのエントリーシート管理が大変。Web上でいつでもどこでも安全に管理したい。」という課題があるとします。
この場合、この企業の人事部に「Web上でエントリーし、安全に管理できる仕組み」を提案することでビジネスとして成立する可能性が高くなります。
つまり、課題こそがビジネスチャンスとなるのです。
誰がどんな課題を抱えていて、それに対して自分たちがどんな価値(解決)を提供できるのか、しっかり考える必要があります。

 

2.誰を巻き込みどうやって価値を届けるのか

shake-hands

ビジネスを一人で進めて行く事は容易ではありません。
どんな優れた製品を開発しても、それだけでビジネスとして上手く回すことはできません。
代理店、メディア、提携先、熱烈なファン、色んな人たちを巻き込むことで企業は成長することができるのです。
また、どうやって自分たちの製品や価値を届けるのかも大事な観点です。
Web上での配信?サンプル品を路上配布する?ソーシャルメディアで周知を行う?
自分たちの価値をどうやって提供していくか、しっかり整理してみましょう。

 

3.何を引き換えに何を手に入れるのか

money

自分たちが価値を提供するのに、何を代償とするのか、また何を手に入れることができるのか考えることも大事です。
例え外注をしなくても、自分たちで作業をする際には人件費もかかりますし、また時間を代償としています。
また、提供する価値に対してどのような形で収益を得るか、いわゆるマネタイズについても考える必要があります。
月額の課金とするのか、一時期トレンドだったフリーミアムにするのか、代償と合わせて整理してみましょう。


いかがでしたでしょうか。
闇雲にビジネスを考えるのではなく、こういったマインドセットを持つことが起業において必要となります。
また、これらを何かしらの形でアウトプットし、組織の中で共有することがとても大事です。
その1つの方法として、ビジネスモデルキャンバスを描くということがあります。
ビジネスモデルキャンバスでは、これらの3つについて整理することができ、簡単に可視化することができます。

ぜひ起業に必要なマインドセットを学習してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました