就活生必見!社会人になる前にExcelを覚えておかないとやばい!?

本格的に冬が近づき、就職活動シーズンが近づいてきましたね。
昨今の就職難もあり、就活生は希望の会社に入れるかはもちろん、せめて第二、第三希望でも…という方も多いのではないでしょうか。
では入社後、実際にどんなスキルが必要になるのでしょうか?
業務知識?コミュニケーションスキル?
もちろんそれらもとても大事です。
ですが、それ以外でとても多く使われ、スキルが必要となるものがあります。
それはExcelです。
Excelは表計算ソフトですが、メモ帳や帳簿、また賛否両論ありますが設計書などにも使われる汎用エディタとなっています。
もちろんExcelを使うこと自体は目的ではないですが、使えて当然というのが現場の暗黙のルールだったりします。
就職活動の試験や面接にはこのExcelを使えるかどうかはありません。
ですが、実際の現場ではとにかく多用されますし、そのスキル次第で仕事の生産性が変わるといっても過言ではありません。
では、具体的にどんなスキルを身につけておくと良いのでしょうか。
3つご紹介しましょう。

Excelの基本的な操作は押さえよう

ファイルの新規作成や保存などはもちろん、ヘッダーやフッターの使い方、印刷設定などを抑えておきましょう。
現場に配属されて「この資料作っておいてよ」といきなり言われ、「あの…どうやって資料を作るんですか?」では話になりません。
現場によってはあまり先輩に聞く事ができないようなところもあります。しっかり覚えておきましょう。

Excelで簡単なデータ分析を扱えるようにしておこう

Excelは表計算ソフトです。
色々なデータを計算し、グラフに表す、それが基本的な使い方です。
どういう状況のときにどんなグラフを描けば説得力のあるものとなるのか…
すぐには難しいかもしれませんが、基本的な関数やグラフ描写は抑えておきましょう。

Excelの作業を効率化しよう

いくら計算やグラフ機能を使うことができても、それに何時間もかけてしまうようではダメですね。
ショートカットキーや効率化の関数を使いこなし、効率的に作業をできるようにしましょう。
これができるとできないで、だいぶ仕事の効率は変わってきますよ!


いかがでしたか?
Excelはそこまで難しいツールではありませんが、使いこなせるだけでだいぶ仕事のデキが違ってきます。
ぜひ社会人になる前に上記の点を抑えておきましょう。
脱初心者!仕事で使えるExcel講座のオンラインコース画像

脱初心者!仕事で使えるExcel講座

コメント