アメリカ英語とイギリス英語の文法について

アメリカ英語とイギリス英語、実は文法に違いがあるって知っていましたか?

いくつか違いをご紹介しましょう。

スポンサーリンク
TOEIC® Listening & Reading Test 流行業種TOP10で覚える頻出単語 完全版
10時間で英語脳育成プログラム マンガENGLISH100 フルセット版

イギリス英語では need を助動詞として使う?

「君は今テニスをする必要がないでしょ。」と英語で言うとき、あなたはどう表現しますか?

You don’t have to play tennis now.

多くの方は上のように表現したのではないでしょうか。

でも実はイギリス英語だとこう表現します。

You needn’t play tennis now.

needn’t

初めて見る人も多いのではないでしょうか。
これは need not の略です。

つまり、need が助動詞的に使われるのです。

イギリス英語では have をそのままの意味で使わない?

「私はペンを持っています。」これを英語にすると

I have a pen.

となる人が多いのではないでしょうか。
ですが、イギリス英語だとこのように表現することが多いです。

I’v got a pen.

have got で時制に関わらず「持っている」と表現してしまうのですね。

不思議な違いですね!


いかがでしたか。

他にもいくつかイギリス英語とアメリカ英語の違いはあるので、ぜひ勉強してみてくださいね。

今後もイギリス英語とアメリカ英語の違いをご紹介していきます。

644 ee ad

スポンサーリンク
動画で身につく!中国語入門 - 発音 + 文法 -
English Boot Camp 〜たった1日で英語が得意になる基礎講座〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする