イギリス英語とアメリカ英語の違うフレーズ

前回の記事で、少しイギリス英語とアメリカ英語の使われる単語の違いを説明しました。

今回はよく聞くなーというフレーズの違いについてみていきましょう!

素敵!に関してのフレーズ

fa

アメリカ英語ではよく cool やawesomeが使われることが多いですが、イギリス英語ではlovelybrilliantが多く使われます。

ハリーポッターシリーズではbrilliant というフレーズがけっこう使われています。
ハリーポッターはイギリスを舞台にしており、使われている英語もイギリス英語です。

気になる方はハリーのセリフを吹き替え無しで聞いてみてくださいね!

多分…に関してのフレーズ

call

アメリカ英語では maybe がよく使われますね。
Call Me Maybe なんていう曲が大ヒットしました。

それに対してイギリスでは perhaps をよく聞く気がします。
少し堅い印象もあるのでアメリカではあまり聞きません。

アメリカ英語とイギリス英語の違いを身につけるには

a

英会話スクールに通ったり映画を見たりするのも良いですが、おすすめは音楽を聴くことです。
歌詞にだいぶ差がでてくるので、実感することができると思います。

エルトン・ジョンなどのイギリス人歌手は発音が聞き取りやすいのでおすすめです!


いかがでしたか?

他にも発音やカルチャーに関しても違いが多くありますが、それはまた今度ご紹介しますね!

644 ee ad

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク