英語で小数点を読むときの作法まとめ

意味はわかるんだけど、読み方が分からない。
英語ではそういった状況が時々あります。
中でも記号の読み方は読み方が分かりにくい典型例です。

今回は小数点の数字の読み方を紹介します。

decimals

そもそも「.」は何と読むのか

英語では小数点のことをdecimal pointと言います。

そして「.」はそのままpointと読みます。

3.5ならthree point fiveと言います。

小数点以下の数字の読み方

小数点以下の数字は日本語と同じように、その数字を1桁ずつそのまま読みます

1.53が「いち てん ご さん」と読むように、英語でも one point five threeと読みます。
one point fifty-threeとはならないことに注意しましょう。

0の読み方

日本語ではあまり気にしなくていい0の読み方ですが、英語の場合はルールがあります。

まず、小数点の前の部分が0の場合は、以下のうちのいずれかの読み方をします。

  • zero
  • oh
  • nought

特にnoughtと言うのはあまり聞いたことがない方も多いかもしれませんので注意しましょう。

また、小数点より後の部分については基本的にohと読むのが一般的です。

2.04であれば、 two point oh four となります。

いかがでしたか。
読み方を知らないとリスニングでも何と言っているか分からないので一つ一つ学習していきましょう!

bigger_25_a_2nd_for_sample

10時間で英語脳育成プログラム お試し150分

スポンサーリンク
スポンサーリンク