忘年会のカラオケ選曲どうする!? 上司受けの良い曲と上達法

すっかり寒くなり、少しずつですが年末が近づいてきましたね。

年末といえばそう!忘年会シーズンです。

そして悩みの種なのが2次回のカラオケですね。

karaoke

同期とのカラオケと違うので、「上司の方でもわかる曲のほうがいいかな」とか色々悩むと思います。

特に取引先との忘年会の場合、余計気を使ってしまいますよね。

では、上司や取引先などに受けが良い曲とはどういうものなのでしょうか?

人気の曲と簡単な上達法をまとめました。

スポンサーリンク
1日で英単語100個覚えるための「RBI記憶法」(英語編)
インド式英語のオンライン講座

年配の上司に人気の曲とは?

これさえ唄っておけば問題なし!というものから「君、この曲私好きなんだよ!よく知ってるね」と褒められるものまで集めました。

サザンオールスターズ

定番ですね。20代〜年配の方までわかる、無難な選曲といえると思います。

『真夏の果実』や『涙のキッス』といったしんみりとした曲から、『勝手にシンドバット』などのアップテンポの曲もあります。

ピンクレディ

女性で盛り上げたいのならこれ!もちろん男性でも問題ないですよ。

ペッパー警部やUFOは若い方でもご存知ですよね。大いに盛り上がることができます。

また、振り付きで唄うことができれば、若き頃にファンだった上司の心に刺さるかもしれません…。

松田聖子

これまた定番です。

一時期はみんな聖子ちゃんカットにして歩いていましたよね。

『赤いスイートピー』のようなしっとりした曲から『青い珊瑚礁』のようなさわやかな曲まで。

これまた上司のポイントアップ間違いありません!

5番街のマリーへ

1973年の曲ですので、若い方はご存じない方も多いかもしれませんが、とても名曲です。

若い方もきっと好きになるメロディと歌詞ですし、上司の方も大喜びをするのではないでしょうか!

どうしたら上手に唄えるの?

人気の曲だからといって、適当に唄ってはダメです。

せっかくなので上手に唄って、人気者になってしまいましょう!

カラオケ

ビブラートのかけかた

ビブラートとは、音をのばすときに音程を高低に揺らすテクニックのことです。

無理やり真似ようとしても、喉に負担がかかってしまうことも多く、正しいやり方でできていないこともあります。

しゃくりのかけかた

しゃくりとは音のずり上げ・ずり下げのことです。

一旦音を下に外してから上に戻していくテクニックで、カラオケの採点でも重視されるポイントです。

これを上手くできるようになると、とてもプロっぽく聞こえますよ!


いかがでしたか?

知らない曲があった方は、ぜひ動画を見て予習してみてください。

上司に気を使うという点だけではなく、上司が歌った曲が全く知らない曲よりも、知っていた方が単純に楽しいですよね。

ぜひ色んな世代の曲を覚え、テクニックも覚えてカラオケを楽しみましょう!

bigger_karaoke_act_course_image

目指せ!歌うま!カラオケで自信をもつためのワンポイントレッスン集

スポンサーリンク
ネイティブが毎日使う英語のジェスチャー50 KIDS VERSION

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする