これさえ言えば内定ゲット!英語面接で必須の5ワード

英語面接に臨む場合、面接官にポジティブなイメージをもってもらえる言葉を使うことが大切です。
しかし、日本人が考えるポジティブな言葉も、ネイティブが聞くと少しニュアンスが違う場合もあります。

今回は、下記の英語の記事で紹介されていた英語面接で役立つ5つの単語をご紹介します。

5 Words That Can Help Land The Job

job-interview

内定ゲットにつながる英単語5選

1. Passionate

面接を受けている会社、会社のミッション、ポジションに対し、情熱をもっていることを伝えましょう。面接官は情熱がなく、単に生活費を稼ぎたい人、自分を試してみたいだけの人を採用しようとは思いません。

2. Asset

正規の採用はインターンシップとは異なります。面接官は「勉強のために仕事に就きたい」という言葉をききたくありません。面接官は業務に価値をもたらす、あなたがもっているスキルセット、マインドセットに興味があるのです。なぜ、あなたが会社にとっての資産になるのかということをしっかり説明しましょう。

3. Communicator

採用する側が一番求めている人はどんな人物でしょう。それは効果的にコミュニケーションを行える人です。あなたの考えを社内に、そして社外に効果的に伝えられる人物こそ、どんな会社でも求められる人なのです。

4. Quick study

あなたが新卒の学生の場合、豊富な仕事の経験がないことは隠せない事実です。しかし、そんなことを気にする必要はありません。仕事ができるよう、素早く学習すればいいのです。す。

5. Practical

多くの新入社員は新しい仕事に全力で取り組むことに興奮していることでしょう。その興奮しながら仕事に取り組む様こそ、会社が求めているものでもあるのですが、しっかりと考えずに行動してしまうことに、会社がうんざりしてしまうこともあります。そのため面接官には、自分が実務的に、しっかりしたロジックをもって仕事に従事できることを説明しましょう。

いかがでしたか、英語面接でポジティブな印象をもってもらえるよう、これらの5つの単語を織り交ぜた会話ができるように練習しましょう。

bigger_english_boot_camp

English Boot Camp 〜たった1日で英語が得意になる基礎講座〜

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク