Google検索を使ってメジャーな定数の値を調べてみよう

Google検索で数式を入力すると、計算結果が検索結果として表示されます。
試しに1+1と入力すると2と表示されます。
実は数式の計算だけでなく、数学上の定数もGoogleの検索結果で表示させることができます。
π

「円周率」で検索してみよう

みんなご存知円周率。
3.14…というやつですね。
Google検索で「円周率」と検索すると以下のような画面をみることができます。
円周率Google
円周率の値をばっちり調べることができますね。
しかし、面白いことに「π」で検索しても、このような結果は表示されません。
(2014年1月25日現在の結果です)
πGoogle
このように検索するキーワードによって、表示されるときと、表示されないときがあるようです。

自然対数の底eはどうなのか

ネイピア数ともよばれる数学上で非常に重要な定数eの場合はどうでしょうか?
実は日本語で「自然対数の底」で検索すると、その値を表示させることができます。
さらに、単に「e」だけで検索しても値が表示されます!
e google
そんな自然対数の底eですが、定数の名前にもなっている「ネイピア数」で検索しても値を表示させることはできません。
やはり、値が表示される呼び方と表示されない呼び方があるようです。
 
ちなみに、ややマニアックな「オイラー定数」は値が表示されますが、これを「オイラーの定数」にすると表示されない、など細かな違いがあるようです。
みなさんも是非しらべてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました