え、Photoshopが動詞として使えるなんて!

PhotoshopはAdobe社により開発・販売されたビットマップ画像編集ソフトウェアです。

いわゆるフォトショで、写真の補正からデザイン、イラストを描くことが出来たりするなど、使用用途は様々な場面で活躍します。

まさに画像編集ならコレ!というソフトウェアではないんでしょうか。

そんなPhotoshopですが、なんと英語では動詞として使うこともできるようです。

まずはPhotoshopの最新写真編集技術をみてみよう!

いわずもがな圧巻な加工技術です!

風景の合成はもちろん、人の顔のシミを消したり、写真なら自由自在に自分の思いのままに加工できます。
Photoshopの画像加工技術をみてみる

気になる動詞の “Photoshop” の意味は…?

なんとなく察しもつきますが、「フォトショップで加工する」という意味になります。

簡単な例文を作ると、
This must be photoshopped!(これはフォトショの編集ですわ!)

このように動詞として使えるくらいソフトが広く普及しているということなんでしょうね…!

汎用性が高い使われ方としては、写真の合成としての意味が強いようです。

これってPhotoshopなの?=合成してる?みたいな使い方がわかりやすいかと考えられます。

他に名詞から動詞になったもの

名詞が単語に動詞になった有名な例で、馴染み深い言葉に「ググる」というワードは日本のみなさんの中でも浸透しているのではないでしょうか?

意味は”ググる=Google検索を行う”。これはかなり有名ですね。

実はアメリカでも同じように意味が通じるそうです。

アメリカでは“google”という単語で、日本と同様にググるという意味があるそうです。

ちなみにPhotoshopの語源はというと…!

意味するところはその名の通り写真屋さんなのですが、昔のアイコンがまさに写真屋さんだったようです。

以下のようなアイコンだったようですが、現在ではWEBデザインなどのクリエイターが活躍する現場で広く使用されているだけあって当初に比べると考えられないくらい高機能になっていますね。

theFirstLogo

最新のPhotoshop

最新のPhotoshopでは加工技術の向上はもちろん、スマホのアプリと連携して手軽に画像の編集加工もできるそうです。

現在まで何度もアップデートを積み重ね、私達に感動と驚きを与えてくれるPhotoshop。

今後のアップデートもますます楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク