Photoshopって英語で動詞として使えるって知ってた?その意外な意味とは

Photoshop別名フォトショはAdobe社により開発・販売されているビットマップ画像編集ソフトウェアです。

写真の補正からデザイン、イラストを描くことができ、用途は様々で、画像、デザインに関わるたくさんの場面で活躍します。

まさに画像編集の世界用順ソフト!というところですが、なんと、英語ではPhotoshopという単語を動詞として使うこともできるんです!

Photoshopのロゴ

動詞の “Photoshop” の意味は…?

Photoshopの動詞としての意味は、「Photoshopで加工する」です。

Photoshopを動詞として使った例文としては以下のようなものがあります。

This must be photoshopped!

動詞のphotoshopが過去分詞形になり、be動詞が前に付いていることからこれは受動態です。「Photoshopで加工された」という意味ですね。
なので、上記の例文は、
「Photoshopで加工されたに違いない!」
「Photoshopでいじったに決まってるわ!」
という意味になります。

顔のシミを消したり、太った体を痩せて見せたりと、アイドルやグラビア、女性芸能人の写真で”photoshopped”なケースがたくさんありますよね!

浜崎あゆみインスタで画像修正しまくりwwwギャップがヤバいwww

https://matome.naver.jp/odai/2149154874486556101

【藤原紀香・修正やりすぎ】本人は修正なんてしてないですよ。メンタルヤバいか!

https://matome.naver.jp/odai/2147833026084569101

そう言えば日本語にもなってるWebサービス名

画像加工ソフトウェアが動詞になったPhotoshopですが、Webサービスの名前が動詞になったもので、日本語でも浸透しているものがありますよね?

そう「ググる」です。

意味はググる=Google検索を行うですね。

実はこれも元々は、英語でGoogleが動詞として使われるようになり、それが浸透して、日本でも「ググる」という言葉が生まれたと言われています。

また、Googleにability(能力)と言う言葉をかけわわせた、Googlability という言葉もあります。これは、検索する能力という意味で、何でもかんでも人にきくのではなくて、まずは自分の検索能力 Googlability を高めなさいよ、というときに使える単語です。

こういうとき日本では ggrks 「ググレカス」という言い方もしますね ^^;

ちなみにPhotoshopの語源はというと…!

さて、動詞になるまで有名なソフトウェアPhotoshop。
Photoshopはソフトウェアの名前である前に、れっきとした一般名詞でもあります。

その意味するところはphoto(写真) + shop(お店)という言葉から分かるように写真屋さんです。実は、Photoshopのソフトウェアの昔のアイコンも、まさに写真屋さんそのものだったんです。

Photoshopの昔のロゴ。写真屋さんのお店の形のアイコンだったことを示す画像

いかがでしたか?
サービスも有名になると、動詞として使われるようになるんですね!
そんなPhotoshopの使い方を90秒の無料動画で学ぶことができます。
以下の無料動画では、画像を加工して、不要な人物やモノを除去し、消してしまうテクニックを90秒で学ぶことができます。
Photoshopのテクニックを学びたいかは是非チェックしてください!

90秒で分かるPhotoshopで不要な人や物を消したり塗りつぶす方法
90秒で分かるPhotoshopで不要な人や物を消したり塗りつぶす方法

スポンサーリンク