ワールドカップで日本がグループリーグ敗退した今だからこそポルトガル語を覚えようぜ!

2014年FIFAワールドカップ、日本は残念ながらグループリーグ敗退という結果で幕を閉じました。
いやぁ、残念です…。日本全体が暗い雰囲気に包まれそうです。

しかし、クヨクヨしていてもしょうがない!
次に向かって突っ走りましょう!

よしっ!ワールドカップで日本が敗退した今だからこそ、ポルトガル語を覚えましょう!
え?なぜそんなことをするのかって?それは後のお楽しみ!

Map_of_the_portuguese_language_in_the_world

日本の戦績を振り返ろう

今回の日本のブラジルワールドカップの戦績はこちらです。

14ブラジル杯

  • 日vsコートジボワール 1-2
  • 日vsギリシャ 0-0
  • 日vsコロンビア 1-4

この成績、8年前のドイツワールドカップのときとびっくりするくらい瓜二つなんです。

 06ドイツ杯

  • 日vsオーストラリア1-3
  • 日vsクロアチア 0-0
  • 日vsブラジル 1-4

本当によく似ています。

なぜ、このような悔しいゲーム結果が繰り返されるのでしょうか。
選手の能力、選手のコンディション、監督の采配、相手チームの状態など、様々な要因が考えられますが、ここで1つ重要なポイントを指摘したいと思います。

ドイツ語でちゃんと「さようなら」って言いましたか?

ドイツワールドカップでは、悔しい思いをしましたが、ワールドカップが終わったときに、みなさんきちんとドイツ語で「さようなら」 “Auf Wiedersehen.”と言ったでしょうか?

言ってないですよね?

そう!そこが問題なんです!

きちんと別れの挨拶をしないと、悔しい思いの負のオーラが、ドイツから日本までついてきてしまいます。
そして、その負のオーラが悪さをして、同じような結果を招いてしまうのです。

さあ、ポルトガル語で「さようなら」を言おう!

次回の2018年のワールドカップはロシアで開催されます。
ブラジルで味わった悔しい思いを断ち切り、心機一転ロシア杯に向けて走り出すためには、ポルトガル語で「さようなら」を言うしかありません。

ポルトガル語でさようならは、

Até a próxima
アテ ア プロッシマ
「また今度!」

と言います。

さぁ、みんあでアテアプロッシマと叫びましょう!

アテアプロッシマ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク