物理的に不可能って言うけど、数学的に不可能ってあんま言わねぇよなぁ

どうやっても不可能なことをよく物理的に不可能と言いますよね。

でもその代わりに、数学的に不可能だとか、化学的に不可能、生物学的に不可能とはあまり言いませんよね。

一体なぜ、これらの言葉よりも、物理的に不可能がよく使われるのかについて考えてみたいと思います。

impossible2

スポンサーリンク
English Boot Camp 〜たった1日で英語が得意になる基礎講座〜
フレームワークイングリッシュ「英語は『インド式』で学べ!」の安田式英語

 鍵はモデル化にあり!?

研究の対象がどれくらい基礎的なものであるのかについて、人によって色々な意見があるとは思いますが、一般的に、数学、物理学、化学、生物学の順に基礎から応用の順に並んでいると言われています。

ここでいう「基礎的」という言葉は「厳密性」と言い換えてもいいかもしれません。

そんなわけですから、絶対に不可能、という意味を表すのであれば、物理的に不可能、という言葉よりも数学的に不可能、と言った方が、その不可能っぷりが強調されるはずです。

しかし、実際には数学的に不可能などという言葉を普段の生活で耳にすることはあまりありません。

何故でしょうか?

その理由は「モデル化」にあると思います。

モデル化とは自然科学の世界でよく使われる考え方です。

複雑怪奇な自然現象を、簡単な図などを使って、「こうなればこうなるようになっている」という仮説を作ります。
これがモデル化です。

実験を行って、このモデルの通りに、自然現象が起こるのであれば、このモデルは科学的に正しかったことになります。
一方で、実験結果がモデルと一致しない場合は、モデルを捨て去るか、修正する必要があります。

さて、「物理的に不可能」ですが、この言葉は普段の生活で使われます。

なので、何が不可能なのかは、普段の生活で起こる現象について不可能だと言っていることになります。

一般的に、数学的なモデルを適応させるためには、自然現象をかなり抽象化する必要があります。
しかし、普段の生活で起こる現象の多くは、そうそう簡単に抽象化できるものばかりではありません。

そのため、あまりに抽象的な数学的なモデルを適応させて、「数学的に不可能」なんて言ったとしても、「いや、それは抽象的なモデルで考えてるからだよ。」と言われる可能性があります。
別のモデルを適応させられる余地があるのであれば、不可能とした判断が覆るかもしれません。

なので、モデルとしては抽象度を少し下げた「物理的に不可能」が適当だと判断されているのではないでしょうか。

つらつらとよく分からないことを書きましたが、物理的にも数学的にも考えられるように学習を続けていきましょう!

オイラーの公式目指して-数と式

スポンサーリンク
究極のTOEIC®対策 - SOUL

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする