自主制作映画でハリウッド進出&億万長者?自主制作映画の可能性

数年前ですが、こんなニュースが巷を駆け巡りました。

たった500ドルで作った素人映画が凄い! ハリウッドが26億円提供へ

ウルグアイ在住の普通の会社員が500ドル(5万円)ほどのお金をかけて作っていた映画作品がハリウッド関係者の目に止まり、晴れてデビューとなり、住宅や自動車とともに、3000万ドル(30億円)を提供したそうです。

ダウンロード (2)

こんな話は無縁?いえいえ、そんなことはないんですよ。

様々な露出媒体、資金の調達方法、学習機会がある現在ですから、いくらだって可能性があるのです。

スポンサーリンク
フレームワークイングリッシュ「英語は『インド式』で学べ!」の安田式英語
【新版】世界で10万人が受講!未経験からWebプログラマーになるための全て

自主制作動画を見てもらう機会はどこにでもある

youtube-logo

最初に挙げたニュースでも、監督はyoutube上に映画をアップロードし関係者の目にとまったというものでした。

昔は作成したビデオフィルムを持って関係者にアポを取って…としていましたが、今は違います。

動画共有サービスにはとても可能性があり、関係者も目を通している可能性が高いのです。

例えばyoutubeニコニコ動画VeohDailymotion などがあります。

また、有料で販売できるプラットフォームとしてネクフルや、6秒という短い時間に映像表現をするVineもあります。

こういったプラットフォーム上に自主制作映画をアップロードし、SNSなどを使って広めて行くというのはとても効果的な方法です。

ハリウッド関係者など、もう少し特定の人に見てもらいたいのであればLinkedInがおすすめです。

もちろん返事が返ってこない可能性も大きいですが、直接関係者にプロモーションを行うことができます。

自主制作動画の制作費だって何とかなる

101224mariocoin-thumb-499x311-22472

「映像制作って高いんでしょ?無理無理!」

大丈夫!お金だって何とかなります。

例えばクラウドファンディングで、「こんな映画を作りたいので寄付をお願いします!」というような形で呼びかける。

もちろんお金が集まるとは限りませんが、魅力的なものであればきっとお金は集まってくるはずです。

KickstarterCAMPFIREREADYFORなど、たくさんの調達方法はあるんですよ!

映像制作の手法だって無料で学べる

large_eizoseisaku

「チャンスの機会があるのはわかった。でも映像制作はどうやってやるのかわからないよ」

これも大丈夫。

ネットで検索すると、まとめサイトやyoutubeなどで映像制作について情報が豊富にあります。


いかがでしたか?

ありとあらゆる可能性はWeb上に転がっている世の中なのです。

あとはそれを活用するのか、「面倒くさい」と避けるのかどちらかです。

皆さんもぜひ自主制作映画に挑戦し、世界に羽ばたいていきましょう。

スポンサーリンク
java-5-days-336
10時間で英語脳育成プログラム マンガENGLISH100 フルセット版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする