“get”と”have”、最小限の使い回し単語を覚えよう!

oregelbundna_verb

英単語の中で最も応用が効く便利な使い回しフレーズは”get”と”have”です。

「getは得る、haveは持つ」と単純に切り捨ててしまってはいけません。実はこの2つは知ってるようで知らない便利な用法がたくさんある動詞です。

単語だけ覚えても意味はないのですが、言い回しとして覚えるとすごく使えるというのがgetとhaveの特徴です。

“Get”を含む表現


  • get together 会う

How about getting together for lunch sometime soon?
(近いうちにランチでも一緒にしませんか?)

  • get off one’s mind 忘れる

There are so many things that I want to get off my mind.
(忘れたいことがたくさんある。)

  •  get … into mind 〜を頭に入れる、完全に理解する

Get this into your mind.
(このことを頭に入れておいてね。)

  • get rolling 始める

Let’s get rolling.
( 始めよう!)

  • get a bite 軽く食べる

I’m really hungry. Do you want to get a bite?
(めっちゃ腹減った。何か軽く食べない?)

“Have”を含む表現


  • have in mind 計画する

What do you have in mind for your wife’ birthday?
(奥さんの誕生日には何をするつもりなの?)

  • have a blast 楽しく過ごす

I had a blast at the party last night.
(昨日のパーティーはとても楽しかった。)

  • have a clue わかる

I don’t have a clue about the answer to Question 3.
(3問目の答えがさっぱり分からない。)

  • have a talk 話し合う

I’ll have a talk with him.
(彼と話し合ってみる。)

  • have a feeling for 素質がある

He has a feeling for finding ways to save money.
(彼は貯金の才能がある。)

このように実は”get”や”have”という2つの動詞を使うだけで様々なことが表現できるのです。もちろん上で示した以外にもたくさんあります。

英会話では、とりあえずアウトプット、つまり話してみることが大事です。インプットを完全なものにするためにも、アウトプットを経験することが大切です。

まずは、どの動詞を使うのかなんて考えずにすむように、また、文法をおさらいするかわりに、実践でかなり役に立つ”get”と”have”のフレーズを、パターンとしていくつか覚えておくことをおススメします。

bigger_25_a_2nd_for_sample

10時間で英語脳育成プログラム お試し150分

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク