「冒険」を軸に考える ”真の学習”

冒険……それは勇敢なるチャレンジのことです。

実は学習でもっとも重要なことは

「敢えてわからなくすること」

なのですが、今日はこの事について紹介します。

64ead4c8-s

学習のモチベーションに繋がる重要なポイント

わかったつもりになるとそこが限界になってしまいます。
その理由は、わかったつもりの人は「わかっていないこと」を自覚していないからです。

つまり自分の中では”わかった”状態(=わかったつもり)なので、それ以上深い理解は得られないということですね。
つまりその錯覚を解いてやれば、きちんと学べるだけでなく、さらに一歩踏み込んで学んでゆけます。
ですので、学習においては「実はわかってないんだ」という自覚(=冒険)がとても大切です。

23dd7e25

じゃあどうすればいいの?

ここで役立つのが冒頭に紹介した冒険という言葉です。
皆さんは冒険がどのようなものか考えた事はあるでしょうか。

簡単に説明するなら、読んで字のごとく危険を冒(おか)すというのが冒険の意味です。
つまり今後、学習する時には進んでリスクをとっていきましょう!という話ですね…!

道が開けます。

「わからない」状態をつくろう!

学習におけるリスクとは”わからない”状態を作ることです。
わからないと人は不安になるし、イライラします。だからこそ人は単純だったりシンプルだったり”わかりやすい”ものを好みますし、一方で最初に書いたようにわかったつもりの状態に陥ってしまいやすいです。

しかし、あることについてわかっていないという自覚ができれば、少なくともそのことについては本当の意味で”わかった”状態をつくることができるのです。


わかったつもりを抜け出したい方がいらっしゃれば、以下のコースがお勧めです!

CFGp46wkAb1-hhdTAPptAt9HTjAOh82cHcJvKKH4wFw

 理解を深める為に「分かったつもり」を抜け出そう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク