起業家が絶対に避けなければならない8つの失敗とは

起業家の成功体験談を目にすることが多々ありますが、失敗談というのはなかなか表には出てこないものです。しかし、そんな失敗談からこそ、たくさんのことを学ぶことができます。

成功するために何をすればいいかは人それぞれで異なりますが、これをやると絶対に失敗するという失敗の法則は確固として存在します。

ここでは、Amicusの創業者でありCEOであるSeth Bannonのブログで紹介されていた8つの失敗とその失敗から学んだことをご紹介します。

Mistakes You Should Never Make

6a00e55256586188340133f53cc965970b

起業家が避けるべき8つの失敗と失敗からの学び

1. 税金に注意を払っていなかった

税金については初日から注意を払え。予算を立てろ。
常に手持ちのキャッシュの量を把握し、キャッシュフローを把握しろ

2. 創業者間の役割分担を明確にしなかった

起業直後の時点で創業者間で意思決定権が誰にあるか、情報はどのように伝えるか、コミットメントのレベルはどの程度かについて、曖昧さがなくなるまではっきりさせろ。書面にして、きっちり明文化しろ。

3. ハック(黒い行い)をどこまでやっていいか明確にしなかった

どんなルールなら曲げていいか、どんなハックなら行っていいかを創業者、チームメイトとしっかり話し合え。

4. CEOが孤独に奮闘していた

一匹狼になるな。チームメイト、投資家、メンター、彼らの経験と知識に頼れ。CEOはスーパーヒーローじゃない。問題を解決するために人に甘えろ。

5. 社外取締役がいなかった

シリアルアントレプレナーでない限り、資金調達のときに外部の人間を取締役に加えろ。メリットはデメリットを大きく凌ぐ。

6. 投資家との関係が希薄だった

投資家に進捗をアップデートし続けろ。彼らのリクエストに応え、ガイダンスに従え。

7. 本当のことを半分しか言わなかった

ステークホルダー(チームメイト、投資家、顧客)には大げさなくらい誠実に真実を伝えろ。

8. うまくいってるときに外に出なかった

うまくっているときに他の起業家とネットワークを構築しろ。うまくいっていないとき、彼らとネットワークを構築する余裕がなくなるから。
そして、あなたがうまくいってないときに手を差し伸べてくるのは、過去に構築したネットワークしかないから。


いかがでしたか?

8つの失敗、そしてそこからの学びのどれもが得難い貴重なアドバイスですね。
過去に失敗を犯した先輩起業家から多くのことを学びましょう!

コメント