「I don't no」テロップを笑っていられない?間違えやすい英語表現

何かとお騒がせのフジテレビでこんな放送事故がありました。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1778130.html
フジテレビがテロップで「I don’t no」…ネット騒然
※詳細はリンクの画像をご覧下さい。
 
もちろん”I don’t no.” ではなく、正しくは “I don’t know.” ですね。
擁護するのであれば、恐らく編集がギリギリだったなどにより時間がなく、チェックも漏れてしまったものと思われます。
know no の発音が同じなので紛らわしいと言えば紛らわしいですよね。
そこで今回のような放送事故を起こさないため、音が同じ、あるいは似ているため間違えやすい英語の単語、表現をまとめてみました。

sheとsee/sea

she…彼女
発音の仕方は、歯を噛み合わせて口を横に伸ばします。
see…会う、見る
sea…海
発音の仕方は、舌を前歯の裏に当てて前歯だけ少し合わせます。
I see.(わかりました)のテロップを I sea.(私海!) と間違えないように要注意ですね。
I see sea.(私は海を見ます)と I see she.(私は彼女を見ます)も間違えないように注意です。

our と hour

our…私たち
hour…時間
これも全然違う意味ですね。
ちなみに懐かしきNOVAウサギが出てくるCMソングを歌っている「our hour(アワアワ)」という歌手もいました。

I と Eye

I…私
eye…目
ちなみにこれまた、「i.eye」というジャマイカのレゲエ歌手がいます。

hiとhigh

hi…やあ
high…高い
これも全く違う意味ですね。
さらにこれまた、「High Hi」という歌手がいます。日本でも関ジャニ∞が「Hi & high」という曲を出していたりします

High Hi – Calm Down Sir (Official Video)

いかがでしたか?
音は似ていますが、意味は全然異なるものばかりなので、間違えないように注意しましょう!
90秒で分かるファーストフード店で使える英語表現

ShareWisの無料の90秒動画で英語を学んでみよう!
90秒で分かるファーストフード店で使える英語表現

コメント

タイトルとURLをコピーしました