SEO対策に役立つWordPressのおすすめプラグインを紹介するよ

SEO対策で知っておきたいWordPressのプラグインたち

HeadSpace2

HeadSpace2は、SEO対策の設定を総合的に管理できるプラグインです。

TITLEタグとメタタグのDescriptionとKeywordsの設定がページ毎に細かく設定できます。

前回の「All in One SEO Pack」と似ていますが、こちらの方が管理画面の殆どが日本語になっているのでわかりやすいです。

モジュールで様々な機能を利用できます。

インストール方法

1.WordPress管理画面➔プラグイン➔新規追加➔「HeadSpace2」で検索

2.WordPress.orgからダウンロード

XMLサイトマップ

ウェブサイトの更新情報をXML形式で検索エンジンに円滑に通知できるプラグインを紹介します。

「PubSubHubbub」と併用して使用することをおすすめします。

Google sitemap generator

Google Sitemap Generatorは、GoogleとBingの検索エンジンに対し、XMLサイトマップを自動送信できるプラグインです。このプラグインをインストールして有効にすると、検索エンジンに対して、XMLサイトマップを自動的に送信するようになります。XMLサイトマップを送信することで、検索エンジンに対して、自分のウェブサイトの更新情報が円滑に反映されるようになります。

インストール方法

1.WordPress管理画面➔プラグイン➔新規追加➔「Google XML Sitemap」で検索

2.WordPress.orgからダウンロード

検索エンジンに素早くインデックスさせる

「PubSubHubbub」を利用して、検索エンジンに素早くインデックスさせるプラグインを紹介します。XMLサイトマップと併用することをおすすめします。

PubSubHubbub

PubSubHubbubは、WordPressで記事を投稿すると、Googleの検索エンジンに対して、数分以内にインデックスさせることができるプラグインです。SEO対策に役立ちます。

このプラグインは、PuSHPress似ていますが、こちらはプラグインの管理画面があり、複数のPuSHを登録・管理できます。

インストール方法

1.WordPress管理画面➔プラグイン➔新規追加➔「PubSubHubbub」で検索

2.WordPress.orgからダウンロード

PuSHPress

PuSHPressは、WordPressに記事を投稿すると、Googleの検索エンジンに瞬時にインデックスさせることができるプラグインです。数分以内にGoogleにインデックスさせることができます。SEO対策として非常に役立ちます。

このプラグインを利用するメリットは、パクリサイトが先に検索エンジンにインデックスされるのを防ぐ効果があります。ウェブサイトを運営していると、記事を真似をする人が必ず表れます。しかし、その記事の方が先に検索エンジンにインデックスされてしまうと自分のサイトの方がオリジナルのはずなのに逆にパクリ扱いされてしまう可能性があります。そうなる前の事前対策としてこのPuSHPressは非常に有効です。

インストール方法

1.WordPress管理画面➔プラグイン➔新規追加➔「PuSHPress」で検索

2.WordPress.orgからダウンロード

最後に

いかがでしたか?今回はXML形式で検索エンジンに円滑に通知できるプラグインを紹介しました。

次回はHEAD内のソースを軽量化するおすすめのプラグインを紹介していきたいと思います。

https://share-wis.com/courses/69%3Futm_content=afc_BEyXZXRGPoG4fCbsIRZu
スポンサーリンク
スポンサーリンク