まだグリッド線使ってないの?スマホで撮るとき三分割法を意識しよう

スマホで写真を撮影するとき、人物でも料理でも画面のど真ん中に合わせて撮ることって多くないですか?

これは日の丸構図という絵画などでもよく用いられる構図ですが、いつもいつも真ん中に合わせていると同じパターンで飽きてしまいます。

インスタ映えするオシャレな構図の写真をスマホで撮りたい!
そんな方は今回ご紹介するグリッド線を使った三分割法を試してみてください。

グリッド線を表示させたスマートフォンの画像。上部に「グリッド線で三分割法」とテキストが表示されている

グリッド線を使った三分割法スマホ撮影術の90秒解説動画を作成しました。動画を見ながらテクニックを学びたい方は下記をチェックしてみてください。
90秒で分かる三分割法でオシャレにスマホで写真を撮る方法

写真の構図テクニック「三分割法」とは

三分割法とはその名の通り画面を縦、横に三分割した構図です。

写真で三分割を使う場合は、三分割した線の交点に被写体を配置して撮影します。

グリッド線を表示させたスマホカメラアプリでグリッド線の交点を強調した画像

グリッド線が細くて見えにくいですが、上記の画像では画面を三分割するグリッド線を表示させています。
三分割法ではその交点(ピンク色の丸で強調している箇所)に被写体を配置して撮影します。

日の丸構図と三分割構図を比較した画像

上記の図で、左が日の丸構図で撮影した写真、右が三分割構図で撮影した写真です。

日の丸構図でも、被写体が目立って良い写真ですが、三分割法で撮影した写真は収まりがよく美しい構図ですね。

三分割法は被写体の配置だけでなく、背景を写り込ませるときにも使えるテクニックです。

背景を三分割法を意識して配置したスマホ撮影画像。右側の画像では縦の三分割を強調している。

上の写真では、右下にある被写体のアクセサリーの他、背景となる花が右上に写っています。

写真は2つありますが、右側の写真では縦の三分割の上の部分をピンク色でハイライトしています。

背景を撮影するときも三分割法を意識すると、とても美しい構図を作ることができます。

グリッド線で三分割法を実践しよう

スマホで撮影するときに、なんとなく3分の1の位置に被写体を配置して撮影するのもいいのですが、便利な機能が用意されています。

それがグリッド線です。

機種によって違いはありますが、多くの端末でカメラの設定からグリッド線の表示をON/OFFできます。

グリッド線を表示させれば、三分割の線が薄く表示されるので、簡単に三分割法を使った写真をスマホで撮影することができます。

どうして三分割法は美しいの?

美しい構図で写真が撮影できる三分割法ですが、なぜ人はこの構図を美しいと感じてしますのでしょうか?

実は脳はきれいな整数の比で配置されたものを美しいと感じる傾向があります。

中央に配置する日の丸構図も画面をちょうど半分に分割した真ん中に配置していますし、三分割法でも三等分した線上に被写体を配置しています。

整数の比による分割の他、約1:1.618の比率で分割した黄金比も自然と美しいと感じてしまう構図です。アプリによって黄金比のグリッド線を表示できるものもあるので、いろいろ試してみましょう!


いかがでしたか?今度スマホで写真撮影するときは、グリッド線を表示させて三分割法を実践してみましょう。インスタ映えすること間違いなしです!

今回ご紹介したグリッド線を用いた三分割法について解説した90秒の無料動画を作成しました。実際に撮影している様子も収録しているので、ぜひ下記の動画をチェックしてみてください!

90秒で分かる三分割法でオシャレにスマホで写真を撮る方法のスナックコース画像

90秒で分かる三分割法でオシャレにスマホで写真を撮る方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク