【幼児から小学生まで】遊びながら楽しく学べる知育プログラミングおもちゃ

文部科学省が、2020年から小学校にプログラミング教育を導入すると発表したことで、何かと話題のプログラミング教育。

プログラミングの学ぶ方法は、本や教室へ通って勉強することも可能ですが、最近はおもちゃでもプログラミングを学習できるものがいくつか発売されています。

そこで、オススメの2点の商品をご紹介していこうと思います。

イモムシ型プログラミングおもちゃ
『コード・A・ピラー』

1930年にアメリカで誕生した、ベビートイブランドのフィッシャープライス製の『プログラミングロボ コード・A・ピラー』。

遊びながらプログラミングの基礎を学ぶことが出来るおもちゃです。

コード・A・ピラーは3歳から遊ぶことが可能で、イモムシの体に方向のコードが組み込まれており、その組み合わせの指示によってイモムシを動かすことができるおもちゃになっています。

子供はイモムシがどの方向に進むのかをイメージしながら遊ぶことができるので、自然と創造力が養われ、プログラミングの基礎を学ぶことできます。

先日、日本おもちゃ大賞『エデュケーショナル・トイ部門』で優秀賞を受賞しました。

レゴ好きにはたまらない!作ったブロックを動かせる『KOOV』

日本の大企業のSONYが2016年に発売したKOOV。

対象年齢は8歳以上で、専用の透明のブロックを好きな形に組み立て、専用のアプリをiPadなどににインストールし、そのブロックをロボットとしてプログラミングをすることができるおもちゃです。

アプリのプログラミングはキーボードを使わずにドラッグ&ドロップで操作でき、直感的に学べるシステムを導入されているので初心者でも簡単な仕様になっています。

また、アプリには初心者用の「がくしゅうコース」、すぐにプログラミングで遊べる「ロボットレシピ」、オリジナルのロボットを作れる「じゆうせいさく」の3コースがあるので長く遊べるのが魅力的です。


IT関連市場は今よりも更に拡大し、エンジニアの人材不足が今後も予想されます。
エンジニアは高給で仕事の幅も広いので、お子さまの将来の就職の一つの道としておもちゃでプログラミング教育を始めてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク
スポンサーリンク