JavaとJavaScriptは違うよ!

JavaJavaScript違いがわかりますか?

プログラマーさんにとっては常識ですね。
でもそうではない方の中にも、勘違いしている人もいるのではないでしょうか?

結論から言いますとハムとハムスターくらい違います。
では、JavaとJavaScriptはどこが違うのでしょうか?
まずはJavaとJavaScriptそれぞれの説明をします。

Javaとは


Javaは1995年にSun Microsystemsにより初めてリリースされたプログラミング言語およびコンピューティング・プラットフォームです。
世界的に見ても使用されている言語、習得したい言語として1位を記録するほど人気な言語です。
なぜ人気があるのかというと、「多くの現場で使用されていること」や「凡庸的でOSに依存しない」と言った理由がある。
OSに依存しないというのがJavaの大きな特徴で通常プログラミングとゆうのは何処で動くかが決まっています。
プログラマーにとってOSXなのかWindowsなのかは重要な問題です。しかしJavaは一度かけばどこでも動きます。
Windowsでも動くし、Macでも動くし、Linuxというものの上でも動くとゆうことです。
開発にはJDK(Java Development Kit)を使用しJavaの公式サイトから無料でダウンロードでいきます。

JavaScriptとは


JavaScriptはWebページに動きをつけるためやユーザー側のWebブラウザと、Webサイトまたはウェブサービスの相互間のやりとりを、円滑にするために使われているプログラミング言語およびクロスプラットフォームです。
Webページの外観デザインやゲーム開発など色々なところで使用されています。
例えばメインの画像がスライドショーのようになっていたり、背景の色が定期的に変わったり様々な動きを見ることができます。
一番使われているのがWebページです。
より面白いユーザー体験を作るには、JavaScriptは欠かせないものになっています。

JavaとJavaScriptの違い

まず、Webの上で動く何かのシステムやサービスを作ろうと思ったら、次の二つの場所でプログラミングを動かす必要があります。
クライアントとサーバです。
クライアントとは、何らかのサービスを提供される側のことです。
Webの場合は、Webサーバに対して、パーソナルコンピュータがクライアントとなり、携帯電話であれば、基地局に対して利用者が持っている端末がクライアントとなります。
一方サーバーとは、インターネットやLANなどのネットワークを通じて受けた要求(リクエスト)に応じて、何らかのサービスを返す役割を持ったシステムのことです。
では本題です。
Javaはどこでも動くのでクライアントでも動いてはいたのですが、現在は基本的にクライアントで動くのはJavaScriptというプログラミング言語だけです。
反対にJavaはサーバーで動いており、ユーザーの情報の登録、削除など内部処理を行っています。
このようにJavaとJavaScriptは動く場所すらも明確に異なり、用途や目的も大きく違うプログラミング言語とゆうことです。

どうして名前が似ている

JavaとJavaScriptの名前がにていることが多くの勘違いを生む原因です。
名前が似ているのは偶然か?
そうではありません。
JavaScriptが開発された当時は、LiveScriptとという名前で呼ばれていました。こちらが本来の名前です。
開発された当時、少し前に開発されたJavaというプログラミング言語が大きな注目を浴びていました。

これに便乗したLiveScriptの開発者たちは、言語的には何にも関係性は無かったのだが、JavaScriptという名前に変更しました。
こうして現在に至ります。
つまり名前が似ているのは偶然ではないが、まったく関係はない、ということです。
迷惑な話です。

まとめ

上記でJavaとJavaScriptの違いについて話してきました。

Javaというプログラミング言語と、JavaScriptというプログラミング言語が「ハムとハムスターくらい違う」という認識を持ってもらえましたでしょうか。
汎用性高く本格的なプログラミングを行うのがJava
Webなどで動的な表現を可能とするのがJavaScriptです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク