「I don’t no」テロップを笑っていられない?間違えやすい英語表現

今朝、フジテレビのとくダネでこんな放送事故がありました。

フジテレビがテロップで「I don’t no」…ネット騒然

※詳細はリンクの画像をご覧下さい。

もちろん正しくは

I don’t know.

ですね。
noknow
擁護するのであれば、恐らく編集がギリギリだったなどにより時間がなく、チェックも漏れてしまったものと思われます。

※一真くんの名前を一馬くんと間違えていましたしよっぽど急いでいたのでしょう。

knowno と発音が同じの為、少し紛らわしいですね。

そこで今回のような事故を防ぐよう、似たような間違えやすい表現をまとめてみました。

プレゼンテーションなどでもうっかり間違えないように注意してみましょう!


sheとsee/sea

she…彼女
発音の仕方は、歯を噛み合わせて口を横に伸ばします。

see…会う、見る
sea…海
発音の仕方は、舌を前歯の裏に当てて前歯だけ少し合わせます。

I see.(わかりました)のテロップを I sea.(私海!) と間違えないように要注意ですね。
I see sea.(私は海を見ます)と I see she.(私は彼女を見ます)も間違えないように注意です。

※詳しくはこちらのレクチャーをご覧下さい。

our と hour

our…私たち
hour…時間

これも全然違う意味ですね。

ちなみに懐かしきNOVAウサギが出てくるCMソングを歌っている「our hour(アワアワ)」という歌手もいました。

I と Eye

I…私
eye…目

ちなみにこれまた、「i.eye」というジャマイカのレゲエ歌手がいます。

hiとhigh

hi…やあ
high…高い

これも全く違う意味ですね。

さらにこれまた、「High Hi」という歌手がいます。日本でも関ジャニ∞が「Hi & high」という曲を出していたりします。


いかがでしたでしょうか。

normal_25_a_2nd_for_sample

スポンサーリンク