財政の魔術師、ヒャルマル・シャハトという男

Hjalmar-Horace-Greeley-Schacht

ドイツには「財政の魔術師」という異名を持つヒャルマル・シャハトという人物がいます。彼はドイツのハイパーインフレを収束させたり、ナチス政権下の経済政策を支え、40%あった失業率をほぼ完全雇用水準にした力のある人物です。日本で言えば、世界最速で世界恐慌によるデフレから日本を回復させた高橋是清にあたるでしょうか。今回は日本ではあまりしられていないシャハトという人物を「レンテンマルクの奇跡」という事例を通して紹介したいと思います。

レンテンマルクの奇跡

2813_A

1923年にドイツマルクの対ドルの為替レートは約2500万分の1に下落します。ハイパーインフレが起こるのです。ハイパーインフレーションとはフィリップ・ケーガンにより、「インフレ率が毎月50%を超えること」と定義されています。毎月のインフレ率50%が継続すると、一年後には物価が130倍に上昇することになります。ここで、ドイツのインフレがどのくらいひどかったかというと1年間で物価が一兆倍でした。桁が違いすぎます。

このようなインフレが起こった背景はドイツが第一次世界大戦の責任をとって、ヴェルサイユ条約で植民地を全て失った上に、GNPの約2.5倍に相当する賠償金を課せられることになり、さらに賠償金の支払いが滞ったことを理由に、フランスとベルギーがドイツの主要工業地帯であったルール地方を占領してしまったことに起因します。ルール地方の占領に反発したドイツでは労働者のストライキが起こします。ストに参加した労働者の給与を政府が保証することになったため、ドイツ経済は政府支出(需要)が激増、生産(供給)は激減することになりました。その結果が例のハイパーインフレです。

そして、この異次元のインフレを収束させた人物がかのヒャルマル・シャハトなのです。彼は、通貨「レンテンマルク」の発行を主導し、旧来の1兆マルクが1レンテンマルクと交換されました。このような通貨の桁数を減少させることを「デノミネーション」と呼びます。レンテンマルクの特徴は、金や銀の代わりにドイツの土地をその価値の裏付けにしたことです。土地を担保にすることで、通貨に対する信用を取り戻すことができ、また同時に公務員の削減等、財政再建にも取り組んだドイツ政府は信頼を取り戻し、インフレは劇的に沈静化しました。これが「レンテンマルクの奇跡」と呼ばれる所以です。このレンテンマルクの奇跡を主導した人物がヒャルマル・シャハトなのです。


いかがだったでしょうか?シャハトはレンテンマルク以外にもナチス政権下の経済政策を支えた人物です。より詳しいことは以下のバナーから無料で学ぶことができます。

deutsche_wirtschaft_banner

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク