知ってた!? ボクシングにまつわる不思議やこんな雑学。

今年はファイトマネーや興行収入が注目されあメイウェザー VS パッキャオの一戦など、ボクシングがニュースとして注目されました。そんなボクシングですが、その危険なイメージからかスポーツとして始めるにはハードルが高く感じるという方も多いでしょう。今回は少しでもボクシングを身近に感じてもらうよう、ボクシングに関する素朴な疑問や豆知識をご紹介します。

boxing

スポンサーリンク
世界で7万人が学んだプログラミング講座
現役エンジニアが教えるAndroidアプリ開発入門

なぜボクシングと呼ばれるのか?

そもそもなぜボクシングというのでしょう? 英語で書くとboxing。 中学、高校レベルの英語知識を引っ張りだして考えると、boxの動名詞?現在進行形?どうしてあんな格闘技がボクシングと呼ばれているんでしょうか?ボクシングの成り立ちを説明します。

遡ることギリシャ時代のボクシングは「プジリズム」と呼ばれ、グローブ無しで殴りあうというもので、古代オリンピックでも正式種目として採用されていました。しかし、ローマ時代にコロッセウムでは見世物として行われるようになると、どちらかが死ぬまで戦わせるようになりました。そして残忍過ぎる事からプジリズムは長らく禁止される事に。

中世に入り、ヨーロッパで護身用として行われていたものを、ある教会の神父が近所の若者に教え始めました。この時にボクシングという名前に変わったとされています。

現在の英語では boxという単語で「殴る」という意味も持つようになりました。

天井から吊るされてて、殴り続けるあれの名前

ボクシングジムの風景で、選手が天井からぶら下がっているボール状のものを連打しているのを、見た事があるのでは無いでしょうか? あれはパンチングボール (スピードボールとも)と呼ばれるものです。パンチすることで規則的に高速で動き続けますが、あれを打つ特訓は、動体視力を上げるためというよりも、ガードするために拳を顔の辺りに上げ続けるための持久力を鍛えるという面があるようです。

プロのライセンスには期限がある?

プロボクサーになるためにはライセンス(資格)が必要なのは何となく聞いたことがあるでしょう。しかし、実はこのライセンスはずっと持っていられるものではないんです。毎年の更新が必要なことに加えて、実は「37歳」の誕生日にはライセンスを返さなければなりません。これが事実上の引退になるわけです。37歳の時点でチャンピオンである場合などは返さなくても良いようですが、基本的には37歳がタイムリミットになるんですね。

試合の時には自分のグローブを使えない

素直に考えると、試合の時も使い慣れている自分のグローブを使って闘いたいと思うでしょうが、公平を期すためにJBCから送られてくる公式グローブを使う、というルールがあります。

あのモハメドアリがボクシングを始めた理由

「蝶のように舞い、蜂のように刺す」という言葉とともに有名なアメリカのプロボクサー、モハメドアリ。実は彼がボクシングを始めた理由というのは、小学生の頃に誕生日で買ってもらった自転車が盗難されので、その犯人に鉄拳制裁を加えたい、という動機からでした。

男子プロボクシングの階級は◯種類もある

以下のように男子プロボクシングの場合、実に17階級に分かれます。この他に女子のみにアトム級というものもあります。

  • ヘビー級
  • クルーザー級
  • ライトヘビー級
  • スーパーミドル級
  • ミドル級
  • スーパーウェルター級
  • ウェルター級
  • スーパーライト級
  • ライト級
  • スーパーフェザー級
  • フェザー級
  • スーパーバンタム級
  • バンタム級
  • スーパーフライ級
  • フライ級
  • ライトフライ級
  • ミニマム級

負傷したボクサーに塗っているあれは何?

流血した場合などにボクサーに対してセコンドが何か塗っているのを見たことがありませんか。あれは「ワセリン」という油性の軟膏を塗っています。あれを傷口に塗ることで、簡易的な止血になったり、相手のパンチを滑らせてダメージを軽減する効果があります。ルール上は油脂類を塗るのは禁止されていますが、負傷した場合には最小限の処置として許可されているようです。ちなみに、流血の原因としてはグローブの縫い目によってまぶたを切るなどということがあります。

ワセリンは薬局などに普通に売っていますのでリップクリームなどの代わりにもなります。

チェスとボクシングを組み合わせたスポーツがある

世界には変なスポーツが数多くありますが、ボクシングとチェスを組み合わせた「チェスボクシング」というスポーツがあります。(そのまんまですね) チェスとボクシングを各ラウンド毎に交互に11ラウンドまで行う、というものです。基本的には、ボクシングでノックアウトするかチェスでチェックメイトすれば勝ち。つまりボクシングとチェスの両方が強くないとダメというウソのようなホントのスポーツ。それがチェスボクシング。

なぜタオル = 棄権を意味するの?

実際の試合やフィクションなどでセコンドが試合続行不可と判断した場合に、リングにタオルを投げ込む場面を一度は見たことがあるでしょう。 なぜタオルの投入が棄権を意味するんでしょうか? 昔のボクシングはラウンド制なども無く、どちらかが戦えなくなるまで試合が続いていました。セコンドが試合放棄を主張しても無視して戦う選手が多かったようです。
そのために、「リングには物を投げ入れてはいけない」というルールを逆手に取って、物(タオル)を投げ入れる事で違反行為、反則負けとして試合を強制終了させていました。

ちなみに現在では、JBC(日本ボクシングコミッション)ではタオル投入による棄権が明確にルールとして定義されています。

スポンサーリンク
究極のTOEIC®対策 - SOUL

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする