Board of directors? ボードメンバーのボードって何?

取締役会のことをBoard of directorsと英語で言います(複数のメンバーで構成されるので、directorsと通常複数形で用います)。
また、会社の主要メンバー(取締役)のことをボードメンバーなどと言うことがあります。

しかし、Board of directorsやボードメンバーのボードって一体何のことなんでしょう?

1981_US_Cabinet

ボードメンバーのboardは元々は板という意味

Board of directorsのboardの意味は、16世紀までさかのぼります。
重要なメンバーが集まるミーティングでは、人々は大きなテーブルを囲むようにして座っていました。
この種のテーブルは大きな板が用いられていたため、Boardと呼ばれていました。

ただし、現在はでは取締役会やボードメンバーが集まるときに、必ずしも大きな板のテーブルを囲むわけではないので、元々のboardの意味は薄れていると言えます。

メトニミー metonymy を探してみよう

Board of directorsのboardのような言葉はmetonymy (メトニミー)と呼ばれています。
これは日本語では換喩と呼ばれるもので、Wikipediaでは以下のように記されています。

換喩(かんゆ)は、修辞学の修辞技法の一つで、概念の隣接性あるいは近接性に基づいて、語句の意味を拡張して用いる、比喩の一種である。また、そうして用いられる語句そのものをもいう。メトニミー(英: metonymy)とも呼ばれる。文字通りの意味の語句で言い換える換称とは異なる。上位概念を下位概念で(またはその逆に)言い換える技法を提喩(シネクドキ)といい、これを換喩に含めることもある。

簡単に言うと、その言葉そのものの意味ではなく、その意味が表す別の意味を使うようなこと、を指します。

例えば、白バイは白いバイクという意味ですが、本当にただの白いバイクを指すわけではなく、警察のバイクを表していますし、霞ヶ関はその地名そのものも表していますが、「霞ヶ関ではxxと言われている」となると「官僚の間ではxxと言われている」という意味になります。

Board of directorsのboardも本当に板という意味ではないので、まさに換喩の例と言えますね!

他にも英語には様々な換喩 metonymy メトニミーがあるので探してみましょう!

bigger_25_a_2nd_for_sample

10時間で英語脳育成プログラム お試し150分

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク