英語圏に海外旅行行くならかなら絶対覚えておくべき8つの表現

アメリカやイギリスに海外旅行に行くことになった!
でも英語が不安…。
そんなときは、今回ご紹介する8つの表現だけ覚えて旅行に出発しましょう。

Road-Sign-Vacation-Travel-USA

1. Hello friend. 「やあ、こんにちは。」

会話を始めるときに必須の表現です。いつでも使える便利な表現なので必ず覚えておきましょう。

2. How are you? 「調子はどう?」

こちらも会話を始めるときに使える表現です。
相手のことを思っていることを伝えられるので、いい感じで会話を始めることができます。

3. Can you help me? 「助けてくれませんか?」

見知らぬ土地に行くと、周りの人に助けを求めなければならない状況に陥るかもしれません。

4. How much does it cost? 「いくらですか?」

旅行に行くときは切符を買ったり、タクシーに乗ったりすることもあるでしょう。費用がいくらかかるのかを、このフレーズを使ってきいてみましょう。

5. Do you take a credit card? 「クレジットカードは使えますか?」

最近は現金を余り持たずクレジットカードで買い物をすることが多くあります。
「クレジットカードを使えますか?」という場合は、takeという動詞を使うことに気をつけてください。

6. Where can I find a taxi/metro/auto? 「タクシー/地下鉄/車はどこですか?」

移動手段を見つけたい場合はこのフレーズを使いましょう。

7. Turn right/left 「右/左に曲がって」

タクシーの運転手に目的地までの行き方を伝えるためには、この表現を覚えていなければなりません。
turnという動詞を使うということを覚えておきましょう。

8. Excuse me. 「すみません。」

何かお願いごとをする前に、このフレーズを言っておくと、相手も優しく接してくれるはずです。

いかがでしたか?
「こんなの知ってるよ!」と思ったとしても、現地でとっさに話そうと思うとなかなかうまくいかないこともあります。
しっかり練習しておきましょう。

bigger_english_boot_camp

English Boot Camp 〜たった1日で英語が得意になる基礎講座〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク