戦国時代最強のナンバー2、黒田勘兵衛という男

黒田官兵衛の肖像画

戦国時代に信長・秀吉・家康という天下人たちがその才能を手放しで褒めたたえた男がいました。
天才軍師、黒田勘兵衛です。

彼は3人の天下人に次のように評されています。

3人の天下人、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の画像

  • 織田信長「勘兵衛、敵をすぐさま追い崩しあまたを討ち取った旨神妙である」
  • 豊臣秀吉「勘兵衛の謀(はかりごと)凡人の及ぶところにあらず」
  • 徳川家康「今の世に古の道をゆくは勘兵衛ただ一人」

天才軍師勘兵衛は、意表を突く戦略と大胆な行動力で、生涯一度も戦に負けなかったと言われる人物です。

黒田勘兵衛の生涯を描いた「軍師勘兵衛」は今年のNHKの大河ドラマでもあり、改めて注目されている人物です。ダウンタウンの松本人志さんも戦国武将の中では、黒田勘兵衛が最も好きで、勘兵衛のことを「一番頭のいい、一番ツイてない武将」であると評しています。

下記の動画はまっちゃんが勘兵衛という人物を解説したものです。とてもおもしろく仕上がっています。

また勘兵衛の処世術を現す名言が残されています。

人に媚びず、富貴を望まず
人からどう思われようがそれは関係なく、自分がいかに生きたかが大事なんだ。

そのような思いを持っていた勘兵衛の辞世の歌です。

おもいおく 言の葉なくて つひに行く 道はまよはじ なるにまかせて
この世に思い残すことはもう何も無い。今は迷うことなく心静かに旅立つだけだ。


いかがだったでしょうか?

黒田官兵衛のような人物になりたいものですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク