「よくやった!」って英語で何て言う?ビジネスで使える英語表現・褒めるフレーズ

ビジネスの現場でよく使う表現を英語で言うことができれば、自然と表現が定着し、英会話のスキルを効率よく伸ばすことができます。

そんな日常で使う英語表現から、今回は「褒める」ときに使う英語の表現をご紹介します。

「よくやった!」って英語で何て言う?

ある人の仕事ぶりや、センスの良いファションアイテムなどをタイミングよく褒めることができれば、きっとその人も笑顔になってくれるはず。そう思ってはいても、「褒める」英語表現がとっさに出てこず結局無言のまま…という苦い経験は誰しもあるはず。

まずは簡単な「褒める単語」を覚えるところからはじめてみましょう。

たとえば「よくやった!」の英訳として、どのようなものを思いうかべますか?(少し考えてみてください) ぱっと思いつくのが、

Good job!

ではないでしょうか?

英語には、ほかにもひとことで相手を褒めることが出来る単語がいくつもあります。よく使われるポジティブなワードには、以下のようなものがあります。

  • Great! 「すごい!」
  • Nice! 「素敵!」
  • Amazing! 「素晴らしい!」
  • Awesome! 「素晴らしい!」
  • Incredible! 「信じられない!」
  • Perfect! 「完璧!」
  • Superb! 「お見事!」

いくつかの「褒める単語」をストックしておいて、シーン毎に使い分けることができれば、それだけで「英語ができるひと」といった印象になりますね。

複数の英単語を使った褒めるイディオム

上記のような1単語で褒める表現も英会話でよく使います。

ただし、英語では日本語と比べて、たくさんの単語を使ったり、難しめの単語を使うことで、相手に対して丁寧な印象を与える傾向があります。

なので、1単語だけでなく、複数の単語を使った褒め言葉の方が、ビジネスで使う英語としては、適切なケースが多々あります。

複数の単語を組み合わせにより一つの意味を成す英熟語をイディオムと言います。イディオムは使われている単語から意味を理解することが難しいものも多いので、丸ごと覚えてしまいましょう。褒めるイディオムをいくつかご紹介します。

I am proud of you.

直訳すると「あなたのことを誇りに思います。」という意味です。日本語で書くと非常にかしこまった響きがありますが、英語だと日常的に使って違和感のない褒め言葉です。

職場で同僚が昇進したとき、部下が頑張ったときなんかに使える表現ですね。

You must have worked hard. / You must been working hard.

「一生懸命頑張ったに違いない。」という意味です。

助動詞 + 現在完了の表現なんて、丸っと覚えていないとなかなか自然には口から出てきづらい表現ですよね。

文法的なことを意識せずに、You must have worked hard. で一つの褒め言葉だと思って、覚えてしまうのがいいでしょう。

You did it!

直訳すると「あなたはそれをしました」となりますが、ニュアンスとしては「やったね!」というような意味になります。コンペに勝利した同僚などを見かけたら、すかさずこのフレーズを言ってみましょう。

I am so impressed by 〜.

「〜にすごく感銘を受けました。」という意味。「〜」の部分には “the way you did…” など、その人の具体的な行動などを入れるといいでしょう。

褒めるときに何が良かったのかを具体的に示すことができる表現なので、相手にもどこが良かったのかを伝えることができますね。


いかがでしたか?

ビジネスの現場で褒める表現をたくさん使えば、職場の雰囲気も明るくなるはず!

ここで紹介した褒め言葉が口からさらりと出てくるように練習しましょう!

90秒で分かるファーストフード店で使える英語表現

ShareWisの無料の90秒動画で英語を学んでみよう!
90秒で分かるファーストフード店で使える英語表現

スポンサーリンク
スポンサーリンク