英語プレゼンで英語とプレゼンテーションを一石二鳥で実践的に学ぼう!

先日、「学生の意識変化に見る英語プレゼンテーション授業の有用性」という論文を読みました。
学生の意識変化に見る英語プレゼンテーション授業の有用性
この論文は、2009年に発表されたもので、東京経済大学で行われた英語プレゼンテーション授業の取り組みとその効果についての報告です。
東京経済大学では、英語プレゼンテーションのカリキュラムが設けられていて、受講した学生は、英語でのプレゼンテーション発表を行ったり、他の学生の発表を聞いたりしているそうです。
カリキュラムの内容については、論文を読んでいただければ良いのですが、この授業の効果として、

  • 総合的な英語能力の獲得
  • プレゼンテーション能力の獲得

が現れたそうです。
更に、授業を通して英語を活用することやプレゼンテーションを行うことについて、より積極的になるとも報告されています。
プレゼンテーション技能も、英語コミュニケーション能力も身につけたい、もっと磨きたいという方は多いと思います。
そういった方はぜひ英語プレゼンテーションにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
英語でプレゼンテーションをする場なんて、なかなか無いように思いがちですが、
少し探してみると意外とそういう場が見つかります。
代表的なところでは Toastmasters という団体があります。
国内各地で開催されており、首都圏外にお住まいの方でも参加しやすいのではないでしょうか。
また、こちらは関西のイベントですが、 HackerNews Kansai というミートアップが定期開催されています。
HackerNewsKansai
HackerNewsKansai HPより
英語もプレゼンテーションも実践して身に付けるというのは非常に重要です。
ぜひ、機会を見つけてチャレンジしてください。

コメント