SlackでToDo、タスク管理ができるWorkstreams

チーム内のコミュニケーションツールとして人気のSlack。
様々な外部サービスと連携できるのもSlackの魅力の一つです。

チームでの仕事に欠かせないToDo、タスク管理もSlackと統合できると何かと便利ですよね?

今日はSlackと連携できるToDo、タスク管理ツールのWorkstreamsというサービスをご紹介します。

Workstreams.ai

Workstreamsはどんなサービス?

WorkstreamsはSlackと連携できるToDo、タスク管理ツールです。

比較的新しいサービスで、2017年6月現在無料で使うことができます。

デモ動画も公開されているので、どんなサービスなのか気になる方は動画で内容を確認することができます。

Workstreamsの特徴

Slackとの連携

Workstreamsの特徴は何と言ってもSlackとの連携です。
Slackの各チャンネルがToDoリストのようになっていて、チャンネル上で/planと書いた後にタスクのタイトルを書くと、Workstreams上に新しいタスクを登録することができます。タスクタイトルの後にメンションを付けると、誰のタスクなのかを指定して登録することもできます。

登録したタスクは/tasksでタスクリストをSlack上で呼び出すか、WorkstreamsのWebページで一覧で確認することができます。

また、登録したタスクの閲覧、編集権限は、Slackのチャンネルを見れるユーザーと連動しています。そのチャンネルをあなたともう1人のユーザーが見れる場合、Workstreamsに登録したタスクもあなたともう1人の方が閲覧、編集することができます。
my personal tasksという、誰にも見られないプライベートなタスクを登録する場所もWorkstreamsには準備されています。

TrelloみたいなUI

WorkstreamsのWeb版はToDoリストというよりは、Trelloのようなインターフェイスをしています。

workstreams ui sample

登録直後のタスクはPLANNEDという列に登録され、IN PROGRESS、COMPLETEDとタスクをドラッグアンドドロップで移動させることができます。

登録したタスクの状況を概観するのに便利ですね。

気になる使い勝手は?

Workstreamsはまだできて間もないサービスということもあり、仕様の変更も頻繁に行われています。また、まだまだToDo、タスク管理ツールとして未熟な部分も散見されます。

例えば、ToDoサービスとして必要な期限の設定や、それに伴うリマインダーの通知などの機能は準備されていないので、ToDo管理として使うには少し心もとない部分があります。
また、定期的に発生するタスクをスケジュール登録しておく機能もないため、ルーチンワークの管理にはあまり向いていません。

とはいえ、無料で使えて、しっかりSlackと連携されており、フィードバックを送れば、素早く対応いただける点は大きな魅力と言えます。

まだまだ発展途上のサービスですが、Slackと連携したToDo、タスク管理サービスとして、今後の成長が期待されます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク