高音が出ない理由はここにあった。出し方を身につければカラオケで君も英雄!

高音の出し方

カラオケは楽しいから行く。歌うのも出る音域ならとっても楽しい。
苦しい高温も楽しいけど苦しいし聞き苦しい。もっと楽に楽しみたい!
どうにか高い音域の歌を歌えるようになる方法はないかなぁーと思われている方も多いでしょう。
呼吸法が大事だとか色々言われてるけど実際イメージ掴めないし、、、
そんな方のためにわかりやすい高音を出す練習法を用意致しました。

高音が出ない理由

喉の中には、高い音を出す部分や声量をアップさせる部分があります。
高音が出る人や声量がある人はこの部分を動かしています。
逆を言えば、高音が出なかったり、声量の乏しい人はこの部分を
うまく使えていなく動かせられていないということです。
そうです!動かす練習をしましょう!家でできますから!

高音を出す方法

オススメしたいのは「ガラガラ声で歌う!」という練習法です。

カラオケトレーナーの渡辺みゆきさんによると、ガラガラ声出しているときに、
喉の中にある高音を出すところがうまく動いているそうです。
高音を出すためのポイントはガラガラ声を使って喉の正しい動かし方を知ること
だったのです。

ガラガラ声を出すコツ

でもガラガラ声ってどうやってだすの?って感じの人のためにコツを書きます。

①なるべく少ない息で作る。
ガラガラ声をつくるときは息の量は少なくていいので、
息を止めているような感じで声を作ってみるのです。

②息を吸ってつくる。
息を吸いながら、ガラガラ声を作ってみましょう。息を吸いながらガラガラ声を出しやすい
人もいるので、ガラガラ声を作れてるということは使っている部分も同じで同じ効果があります!

コツはコツですので自分のやり方でガラガラ声を出せている人はそのやり方で大丈夫です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク