カラオケで高音が出ない?カラオケで高音を出すためのガラガラ声練習法

カラオケでこの人歌がうまいなぁと思うのは、やはり高音がしっかり出せている人ですよね?
自分も頑張って高音を出そうとするけど、きれいに高音が出せなくて、音程を外したり、ガナリ声になったりしてしょんぼり…。そんな方も多いのではないでしょうか?

カラオケで高音を出すための今日からできる練習方法をご紹介します!

カラオケで高音が出ない理由

練習方法の詳細に入る前に、そもそもなぜ高音がしっかり出せる人と出せない人がいるのでしょうか?

高音を出すためにはズバリ声帯を開く必要があります。

高音が出せる人は、声帯がしっかり開いているのに対し、高音が出せない人はうまく声帯を開けていないのです。

声帯を開くためには声帯を動かす筋肉を鍛える必要があります。

筋肉は鍛えることができます。
そうです!声帯を動かす筋肉をしっかり動かせる練習をすればいいのです!お家でもデキる練習方法をご紹介します!

カラオケで高音を出すためのガラガラ声練習法

声帯を開く練習で効果的なのは「ガラガラ声で歌う」ことです!

ガラガラ声というのはホラー映画の呪怨の「あ゛ぁぁぁ…」という声です。

言葉だけで分かりにくい方は上記の動画を再生してみてください。
(呪怨ときいて怖い動画を想像されるかもしれませんが、上記動画は、真っ暗な映像の中でガラガラ声が聞こえるだけなので安心してください)

カラオケで高音を出すためのガラガラ声法を解説している先生の画像

カラオケトレーナーの渡辺みゆきさんによると、ガラガラ声を出しているときに、喉の中にある高音を出すところがうまく動いているとのこと!

ガラガラ声を出して、高音を出すための喉の正しい動かし方を体に染み込ませることが大事なのです。

ガラガラ声を出すコツ

さあガラガラ声を出しまくって、カラオケで高音を出す練習をしよう!と思っても、ガラガラ声ってどうやって出すんでしょう?

ガラガラ声を出すためのコツをご紹介します!

【ガラガラ声のコツ1】なるべく少ない息でガラガラ声を出す

ガラガラ声を出すときは吐く息の量は少なくて大丈夫です。

声を出すトレーニングときくと、息を思いっきり吸って、声を出すイメージを持たれるかもしれませんが、ガラガラ声を出す場合は、そんなに力む必要はありません。

なるべく少ない息の量でガラガラ声を長く出す練習をしましょう。

【ガラガラ声のコツ2】息を吸ってガラガラ声を出す

息を吐いてガラガラ声を出すだけでなく、息を吸いながらでもガラガラ声を出すことができます!

息を吐いてガラガラ声を出せるようになったら、息を吐いてガラガラ声を出す練習に取り組んでみましょう。

吐いても吸ってもガラガラ声を出せるようになれば、カラオケでスムーズに高音が出せるようになるはずです!


いかがでしたか?

気軽にお家でできるガラガラ声練習法で、カラオケの高音トレーニングに取り組んでみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. Duck Doll より:

    初めまして、Duck Dollと申します。ブログ拝見いたしました。
    独学で発声研究しているのですが、ガラガラ声と高音は関係あると
    考えています。それを応用してホイッスルボイス(DIR EN GREYの京さんのやつ)が出せたので、よろしければ聞いて頂けないでしょうか?(音量注意)
    https://www.youtube.com/watch?time_continue=12&v=n0ZoVO-knLk