カラオケで当然モテるための5つの歌い方

飲み会の2次会といえばカラオケが定番だ。
そして気になる異性がいた場合、カラオケこそが最大のアピールの場となる。

Karaoke-Girls

異性に「この人は魅力的だし付き合いたい」と思わせるためには、いつも見せている面とは異なる魅力を伝える必要がある。
そう、カラオケで「上手!」「可愛い!」「かっこいい!」と思わせることで、一気にモテることにつながる。

ここではモテるカラオケのテクニックを5つ紹介しよう。

1. 腹から安定した声を出す

f665940d

か細い声で自信無さげに歌ったり、単に喉からうるさい声を出したんじゃ当然モテない。

ここは腹式呼吸を使い、しっかりと声を出す事で聞きやすく音程も安定しやすい

ビジネスでも当然使えるので、ぜひ試して欲しい。

2. アイコンタクトを取る

karaoke

ずっとカラオケのモニターを見ていたのでは当然モテない。
しっかりと周りの人たちとアイコンタクトを取ろう。

意中の人とアイコンタクトを取ることで「私のために歌ってくれている」感が伝わるのだ。
アイコンタクトは少し堅く言うと非言語コミュニケーションだ。これも普段の慣れが必要だ。

3. ビブラートを使ってみる

voice

ビブラートを使うと「この人は上手い!テクニックがある!」と思われやすい。
もちろん喉を震わせるだけの「なんちゃってビブラート」を使っていては当然モテない。

実は簡単にビブラートをかける為の練習法がある。
からすの鳴き声を真似るという何ともユニークなものだ。

詳細については是非調べてみて欲しい。

4. しゃくりを使ってみる

images

しゃくりは母音をくっつけて2音にして歌うというテクニックだ。
歌手みたい!と評価されるのは間違いない。

決してアゴをしゃくらせることではない。
そんなことをしていては当然モテない。

カラオケの採点マシーンでも評価されるポイントなので、ぜひ練習してみてほしい。

5. フォールを使ってみる

Skydiving_4_way

フォールとは「落とす」「落ちる」という意味を持つ。
「猿も木からフォール」のフォールだ。

そしてフォールとは、「あ⤵」というふうに音程の段階を踏まずに、滑り台のように落とす歌い方だ。

曲の中でアクセントとして使うことでプロっぽい感じが出てくる。

もちろんフォールを使いすぎるとどんどん落ちていき暗くなってしまう。
そんな奴は当然モテない。
尚、当然のことだが他の人が歌っているときも、しっかり聴いてあげよう。

異性が歌っている曲を聴かず、ずっと携帯をピコピコ…

そんな奴は当然モテない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク