今さら聞けないjQueryとは?

最近、Webプログラミングで必須ともいえるのJavaScriptライブラリが、jQueryです。

jQueryとは、JavaScriptコードをより容易に記述できるようにするために設計された軽量なJavaScriptライブラリのことです。

全てオープンソースで開発が進められていることも特徴の1つです。

ちなみにjQueryの開発者であるJohn Resigは非営利の教育サービス、現在Khan Academyに在籍しています。

jQueryのロゴ画像

そもそもJavaScript ライブラリって?

使用頻度の高い機能や効果などのプログラムを再利用できるようにまとめたものがJavaScriptライブラリです。

ライブラリを使うことで、自分で1から作る必要がなくなるため、開発が楽になります。

JavaScriptライブラリの例をあげると以下のようなものがあります。

  • prototype.js
  • Ext JS
  • dojo
  • jQuery

jQueryの特徴

ブラウザに依存しない

これは大きいですね。
当然スマートフォンやタブレットでも同じ動作をしてくれます。
※一部最適化が必要な場合もあります。

豊富なエフェクトやアニメーションがある

最近よくWebサイトで見る、ふわっとしたボタンや少しずつフェードアウトするような、おしゃれな演出ありますよね。

あれは主にjQueryで書かれていることが多く、Webサイトをよりリッチにすることができます。

プラグイン(拡張機能)がたくさん使える

jQueryはオープンソースのライブラリのため、その拡張機能もどんどん生まれています。
世界中で色んな人が外部プラグインを開発しています。
こちらのページでは多くのプラグインが紹介されています。

The jQuery Plugin Registry

jQueryを使うための準備

さて、そんなjQueryを使う方法は主に以下の2つの方法があります。

  • jQueryのwebページからjQueryファイルをダウンロードして、外部ファイルとして読み込方法
  • Web上のソースを読み込む方法

jQueryを使うには、あらかじめjQueryをHTML上に記述し、読み込む必要があります。

基本的にはhead要素内にscriptタグを記述します。

ですが</body>の直前で読み込む方が、HTMLを先に読み込ませることができ、ページの読み込み速度が速くなるので、こちらのやり方の方が最近は多いようです。


いかがでしたか?

ぜひjQueryをマスターして、Webサイトをリッチにしていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク