英語初級者が勉強で使ってはいけない3つの教材

学生時代に熱心に英語を勉強した経験もなく、英語を話したことがない人が、改めて英語を話せるようになるために、英語の勉強を始めようと思ったときに使ってはいけないアイテムが3つあります。

それは、

  1. 英字新聞
  2. 字幕なしの映画やニュース
  3. 文法テキスト

です。

英字新聞を読まない方が良い理由

英字新聞

「ニューヨークタイムズ」などはネットやアプリを使えば読む事ができますし、入手も簡単です。しかし、英字新聞の英語を難なく読むというのは、独特の新聞用語があるのでハードルが高すぎます。また、見出しだけを読むという勉強法なんて最悪です。キャッチコピーは語呂合わせや隠喩、通常とは異なる言い回しが多用されています。これは、英語をマスターした人でもなんのことかすぐわからないことがあるくらいです。

字幕なしの海外ドラマや映画、ニュースを見ない方が良い理由

英語のニュース

字幕なしの海外ドラマや映画は話の範囲が広すぎます。ニュースは新聞同様の独特の言い回しがあったり、そもそもニュースに対する基礎知識がなければ理解できないマイナス要素が加わります。

文法テキストを使わない方が良い理由

英語の文法テキスト

文法テキストで勉強する事で、正しい英語を話さないといけないという意識が芽生えてしまいします。これは、間違えたら恥ずかしいので、英語を話すことができないというメンタルブロックを引き起こします。完璧主義者にならないために文法テキストを使うことはおすすめしません。

以上の3つのアイテムはどれも「こんなに英語をやっているのにさっぱりわからない」と失望する原因にしかなりません。これら、3つのアイテムはある程度英語がわかるようになったときに利用するとさらに英語力を伸ばせる中級者用の教材なのです。

90秒で分かるファーストフード店で使える英語表現

ShareWisの無料の90秒動画で英語を学んでみよう!
90秒で分かるファーストフード店で使える英語表現

スポンサーリンク
スポンサーリンク