FacebookやTwitterなどSNSの企業アカウントの運用にオススメの本5選

FacebookやTwitterといったソーシャルメディア。
毎日何億人にものぼるユーザーに利用され、生活の一部となっています。

個人だけでなく企業にとってもソーシャルメディアは重要な存在になり、製品やサービスのプロモーション、会社の認知度の向上など、様々なマーケティング活動に活用されています。

そんな企業のソーシャルメディアですが、運用方法次第で役立つものにも、ただアカウントがあるだけの役に立たないものにもなり得ます。

今回は企業のSNSアカウントの運用に役立つノウハウが収められたオススメの書籍を紹介します。

social media

flicker.com

Facebookページの企業アカウント運営オススメ本


Facebookマーケティング [ビジテク] 価値ある「いいね!」を集める心得と手法 価値ある「いいね!」を集める心得と手法

Facebookの投稿内容に関するテクニックを紹介している本です。

Facebookページを開設したけど、何を投稿したらいいか分からないという企業担当者の方向けに、1ヶ月目、2ヶ月目、3ヶ月目と、各フェーズでどのような投稿をすべきかを具体的に解説しています。

Facebookページや投稿のフォーマットは何度か大きな変更があり、このようなソーシャルメディアの運用方法解説本はなるべく新しいものを利用した方が、実際の画面との整合性も取れるため活用しやすいのですが、この本の出版日は2014年1月25日で、比較的新しい部類といえるでしょう。

Twitterの企業アカウント運営オススメ本

プロが教えるWebマーケティング&集客・販促【完全ガイドブック】―Facebookページ/Twitter/LINE@を活用した新しいWebマーケティングの教科書― (Perfect Guide Book for beginners)

Twitterだけではなく、Facebook、Twitter、LINEの企業アカウントの運用方法について解説された本ですが、内容も新しくTwitterの企業アカウントの運用にためになる内容が盛り込まれています。

Twitterの企業アカウントの運用については、様々なツールを活用することが多く、予約投稿やbotの運用など、運用ツールについて調べてみることをオススメします。

LINE@の企業アカウント運営オススメ本

LINE@ 公式ガイド 繁盛店につながる集客・運営 小さなお店の店長・スタッフが実践すべき新・100の法則。

LINE@の公式ガイドです。

飲食、小売、アパレルなどの実店舗が利用できるアカウントとしてスタートしたLINE@ですが、2015年の3月に飲食店のような実店舗をもった法人以外の法人または個人でもLINE@アカウントを持つことができるようになりました。
LINE@でどのような投稿を行い、どのようにファンを増やしていくかについて、FacebookやTwitterとは異なるポイントもありますので、こちらの書籍などでノウハウを学んでいきましょう。

Pinterestの企業アカウント運営オススメ本


ピンタレスト・マーケティング入門

Pinterestマーケティングに関する本です。
国内ではまだ大きな爆発は見せていませんが、画像を通じて企業のアピールを行っていきたい企業はPinterestの課長をオススメします。
Pinterestマーケティングに書かれた日本語の書籍はあまりないため、貴重な参考書といえます。

Instagramの企業アカウント運営オススメ本


インスタグラム・マーケティング入門

近年日本でも大きな広がりを見せているInstagramの活用法について解説された本です。
Instagramはリンクを投稿に掲載できないため、Webページの誘導などには使いづらいメディアではありますが、利用者の成長度合い、また炎上しづらいという特性上、今から活用しておいて損はないソーシャルメディアといえます。


いかがでしたか?
FacebookやTwitterといったSNSは新しい機能や仕様変更の際に、活用方法を見直す必要がありますし、PinterestやInstagramといった新しいメディアの活用も進める必要があり、企業のソーシャルメディア担当者は常に新しい知識を吸収し続けなければなりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク