忍者修行体験レポート – 忍者 は、忍者(NINJA)ではなかった?

筆者は先日、野忍流忍術の忍者修行を受けてきました。今日はその体験レポートを紹介します。

『野人流忍術「野忍」は、文字通り自然豊かな「野外環境」を活用した忍術修行プログラムです。流派を超えて、現代社会で役立つ忍術を追求し、技だけではなく、根底に流れる「和の心」を感じ、養うプログラムを目指します。』(野忍ホームページより)

参加した忍者修行プログラムは、主に小学生を対象としたものでしたが、同行した親御さんたちも横でいっしょに体験する様子がかなり微笑ましいイベントでした。
Gifte!:ワクワク!忍者体験

こちらの忍者体験ワークショップは、小学生向けながら、内容は本格的です。ここでは、何回かに分けて、忍者修行体験から学んだことをお伝えしていきます!

忍者はいつからいたの?

イベントでは、最初に「忍者はいつからいたのでしょうか?」といった質問が、講師の方からありました。

戦国時代! 江戸時代!、鎌倉時代! もっとまえー!

といった答えが子どもからあがりました。

筆者は、戦国時代くらいかなー、と考えていました。

講師からの答えは、「わからない」とのこと。

なぜかと言うと、「忍者の仕事は、目立たず、表に出ない仕事。だから正確には、いつの時代から忍者がいたのかは、わからないのです」とのことでした。なるほど!

その上で、忍者のような働きをする人がいたことは、日本最古の正史『日本書紀』(720年完成)にも書いてあると教えてもらいました。あの有名な聖徳太子が忍者を使っていたなんて、ちょっとドキドキしますね。

補足:聖徳太子と忍者

  • 『日本書記』には、601年(推古9)年、「新羅からやってきた間諜(つかみ;スパイ)を対馬(つしま)で捕らえた」とある。
  • 587年(用明天皇2)年に勃発した物部氏と蘇我氏との戦いにおいて、情報収集に暗躍した大伴細入(おおとものさいにゅう)が聖徳太子より「志能便(しのび)」の名を授かり…

『TheNINJA-忍者ってナンジャ⁉︎-公式ブック』より

忍者とは?

参加したイベントでは、次に「みなさん、忍者はどんなことをしていたか知っていますか?」と問いかけがありました。

戦い、変装、スパイ…

といった答えが子どもからあがりました。筆者も、スパイ活動なんだろうなぁと考えました。

これについても講師は、「忍者は、隠れて目立たず仕事をするものでした。だから忍者とは、こういうもの!という正確なところはわかっていないのです。一般的には、みんなの答えはどれも正解で、スパイのような活動、変装もしたし、必要なときには戦いもしていたようです」と答えていました。

納得です。表に出ないから、謎な一面もり、それがまた想像をかきたてられ、マンガや小説であれほど魅力的に忍者が描かれることにつながるんでしょうね!

忍者たち

補足:忍者とは

…忍者とは何者なのか、きちんと説明できる人はほとんどいません。

忍者の主な仕事は情報収集です。情報を得るためには、相手に悟られず、目立たずに行う必要がありました。戦国時代、忍者は戦国大名の傭兵として活躍します。雇い主が戦に有利になるよう、敵側の戦力などの情報を収集するために、さまざまな忍術を用いて忍び込みました。忍び込むのに証拠を残しては忍者失格です。そのため、忍者に関する史料があまり残っておらず、その実態は今も研究が進んでいる最中です。

『忍者の教科書 新萬川集海』より

忍者 は、忍者(NINJA)ではなかった?

さて、ワークショップで教わったことでおもしろかったのは、「忍者 」は、忍者(NINJA)ではなかった」ということです。

実は、忍者が「にんじゃ」と呼ばれるようになったのは意外と最近のことで、戦後になって小説やマンガ作品を通して「忍者:NINJA=にんじゃ」という呼称が定着したとのこと。

補足:忍者の呼称

  • ちなみに、「忍者」は歴史的には、「しのびのもの」が、正しい読み方です。「にんじゃと」いう読み方は、小説やドラマなどの創作物が元で、昭和時代以降からです。

『忍者の教科書 新萬川集海』より

  • 忍びについての辞書での説明は、十七世紀初頭に長崎で発行され、日本語をポルドガル語で解説した『日葡辞書』に記されている。 Xinobi.シノビ(忍び)戦争の際に、状況を探るために、夜、または、こっそりと隠れて城内へよじ上ったり陣営内に入ったりする間諜。

『忍者の歴史(角川選書)』より

ネットや他の資料からも、いわゆる「忍者(にんじゃ)」と呼ばれる者には統一名称はなく、「乱破(らっぱ)」「素破(すっぱ)」「透波(すっぱ)」「奪口(だっこう)」「竊盗(しのび)」「草(くさ)」や、「風間(風魔・かざま)」「黒脛巾組(くろはばきぐみ)」「山潜り(やまくぐり)」などと各地で呼称があったということがわかりますね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク