しゃくりとビブラートでカラオケ高得点を狙おう!

春になり送別会や歓迎会などでカラオケに行く機会も多くなったのではないでしょうか。
「カラオケで上手に歌いたい」というのは多くの人が思うことですね。
特に採点機能を使って採点をされたときは色々戸惑いますよね。

今日はこの採点機能で高得点を狙う為の2つのテクニックをご紹介します。

1. しゃくり

syakuri

しゃくりとは、音をずり上げたりずり下げたりすることです。
一旦音を外し、そこから音を戻して行くテクニックです。

実はこのしゃくり、カラオケでは高得点を取る為には大事なテクニックなんです。
機種にもよりますが、採点モードにするとポイントで「しゃくり」と表示されることがあります。
ぜひ、このしゃくりをうまく使いこなしていきましょう。

2. ビブラート

ビブラートとは、音をのばすときに音程を高低に揺らすテクニックのことです。
演歌歌手の「こぶし」に近いようなものですね。

例えば歌手の西川貴教さんや水樹奈々さんなどが得意ですね。

但し、無理やり真似ようとしても喉に負担がかかってしまうことも多くあります。
あまり見ようみまねでなく、しっかりと練習したほうがいいでしょう。


いかがでしたか?
もちろん他にも大きな声で歌う音程を外さないリズムを外さないなどの基本的なポイントもマスターする必要があります。

カラオケのテクニックについて勉強してみましょう!

bigger_karaoke_act_course_image

目指せ!歌うま!カラオケで自信をもつためのワンポイントレッスン集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク