地政学とは何か? - 地政学超入門

605x328europe1

世界第百科辞典によると地政学とは、

地理的諸条件を基軸におき,一国の政治的発展や膨張を合理化する国家戦略論が地政学である。地政学という名称を最初に用いたのは(1916),スウェーデンの学者チェレン(ヒェレン)Rudolf Kjellén(1864‐1922)であったが,内容的にはドイツのF.ラッツェルが,すでに生存圏肯定の理論としてI.カントの政治地理学を再編成し直し,ドイツの植民地拡大政策の根拠づけを行っていた(1889)。ラッツェルとチェレンの生存圏,自給自足,大陸国家優先の地政学は,ドイツのK.ハウスホーファーによって受け継がれた。

というように書かれています。さて、なかなか堅い定義なので、柔らかくしたいと思います。

地政学とは何に関する学問かと言うと、政治現象と地理的条件の関係についての学問です。ある国の選択する外交や侵略・防衛の政策は、支配構造やイデオロギーとは無関係に地理的条件のみで決定されるはずであるという考えに基づきます。上記の定義では、登場していませんが、地政学的な考え方を始めにした人物は、イギリスの学者マッキンダーです。彼は「ハートランド理論」を提唱しました。

ハートランド理論とは?

picture1

この理論は、これは、ユーラシア大陸の心臓部を支配する国は、そこがいかなる海軍の攻撃も受け得ない「聖域」であることから世界を制することができるという理論です。例えば、モンゴル帝国や、オスマン帝国が全盛だったことこれらの国がどこに位置していたかを考えると、マッキンダーの主張を理解できるはずです。

ロシアが東欧のウクライナを併合しようとしている今年の動きは、この理論にも当てはまります。第二次世界大戦でのドイツの東欧進行もこれに当てはまります。

では、ハートランドに位置しない海洋国家はどうしたのか?

例えば、海洋国家であるアメリカはハートランドを支配することは不可能です。そこでアメリカの学者マハンが『海上権力史論』で、そのまわりにある大陸周縁地域「リムランド」(極東、西欧など)を支配するための方法論を構築しました。

米西戦争によるラテンアメリカへの影響力の拡大、ハワイの併合、フィリピンを植民地化、太平洋戦争での日本の占領、台湾への援助などは、マハンの理論に基づいています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク