眠りの質を劇的に改善する「寝る前ヨガ」

熱帯夜で寝苦しいこの季節。
睡眠の質も下がってしまい、しっかり寝たはずなのに疲れがとれていない…という経験をされる方も多いのではないでしょうか。

眠れない夜を過ごし、眠たい昼を過ごしてしまう以上に、睡眠不足は私たちに大きな影響をおよぼします。
不眠状態の人は、不安症や鬱、心臓発作や糖尿病など多くの疾患にかかってしまうリスクが高い、という研究結果が報告されています。

605

寝る前のルーチンで睡眠の質を改善!

しかし、恐れることはありません。
ちょっとしたコツで睡眠の質を劇的に改善することが可能です。

なにをすればいいか?
それは寝る前のルーチンを作ることです。

決まりきった行動を寝る前に取ることを習慣づけることで、その行動を起こすと自然と眠りにつきやすくなる体を作れます。

では、いったいどんなルーチンを行えばいいのか?
最適なのが寝る前のヨガです。

寝る前のヨガで最高の眠りを

ヨガは普段あまり伸ばすことのない筋肉を伸ばすことで、体がほぐれ血行を良くする効果があります。
また、呼吸を整え、瞑想に近い状態にもっていくことで、精神的な緊張もほぐすことができます。

寝る前のヨガでは、体を限界までの伸ばすのではなく、リラックスすることが目的なので、決して痛みを感じるほど伸ばさず、気持ちいと感じる程度の伸ばし具合に力を調整しましょう。

どんなヨガのポーズが眠りに最適?

実は睡眠に良いヨガポーズはたくさんの種類があります。
全部のポーズを行っていくときりがないので、寝る前に実際にやってみて、一番自分が気持ちいいと感じられるポーズを見つけるところから始めましょう。

例えば、以下の動画では良い眠りに最適なヨガのポーズが複数紹介されています。

いかがでしたか?

あなたも寝る前のヨガをルーチン化し、熱帯夜を乗り切りましょう!

太極拳なんかもいいかもしれませんね!

bigger_taikyokuken_3

心と体が若返る 大人のための気功、太極拳入門講座

スポンサーリンク
スポンサーリンク