WordPressのSEO対策に役立つオススメのプラグイン

SEO対策の重要性

WordPressのSEO対策は、個人・商用問わず、非常に重要です。

近年、年齢・性別を問わず、何か情報を探す際は、インターネットを活用する人々が非常に多くなっています。その時によく使うのがYahoo!やGoogleの検索エンジンをよく利用するはずです。

その際、SEO対策を行っている方は、検索エンジン経由で多くの方が、あなたのウェブサイトに経由する機会が多くなってくるでしょう。

逆を言うとSEO対策を行わないと、新たなユーザーを失ってしまうことになります。

今回は、そのようなことがなくなるようにSEO対策が便利になるプラグインを紹介します。

SEO対策の効果はすぐには出ません

SEO対策は、対策を行ったからと言ってすぐに検索エンジンに引っかかるなどの効果がすぐに出るわけではありません。SEO対策は、長期的にじっくり取り組むことが必要なのです。

また、今回紹介するプラグインは内部対策の知識を持っていると便利なプラグインです。

もし、対策についてあまり知らないという方がいるのであれば、この機会に一度、SEO対策の学習してみましょう。

SEO対策の設定を一括管理

SEO対策の設定を一括管理できるプラグインを紹介します。All in One SEO Packは、定番です。このプラグインの機能が足りないと感じたら、この後に紹介するWordPress SEO by Yoastを試してみてください。

All in One SEO Packは、SEO対策の設定を総合的に管理できるプラグインです。検索エンジンの検索結果に表示される内容を最適化できます。

具体的には、記事ごとにタイトルとメタタグを細かく設定できます。SEO対策の設定を一括して管理できるので非常に便利です。

その他の便利な機能としては、「Google Analyticsのアクセス解析コード設定機能」「Google+プロフィール(著作権)設定機能」「XMLサイトマップ生成機能」「ソーシャルメディア用HTMLタグ生成機能」などもあります。

このプラグインが優れている点

  • 投稿(Post)、固定ページ(Page)、カスタム投稿タイプ(Custom Post Type)のタイトルやメタタグの書き換えができる。
  • Canonical URLの設定ができる。(重複コンテンツを防ぐ効果がある)
  • 記事編集画面で登録した記事のタグ(tag)を「投稿のメタタグ keywords」に利用できる。
  • 固定ページ(Page)、カスタム投稿タイプ(Custom Post Type)のメタタグも個別に設定できる。
  • Googleアナリティクスのアクセス解析コードの設定ができる。
  • Google+プロフィールの設定ができる。(Google+の著作者表示)
  • GoogleとBingのウェブマスターツールの認証タグの設定ができる。
  • 検索エンジンにインデックスさせたくないページの設定ができる。(noindexの設定)
  • ヘッダーに追加するタグの設定ができる。
  • New 検索エンジンのGoogleとBing用のXMLサイトマップを自動生成できる。
  • New ソーシャルメディア用のHTMLタグを自動生成する機能があります。FacebookのOGP(Open Graph Protocol)とTwitter Cards(ツイッターカード)のタグが利用できる。

インストール方法

WordPress管理画面➔プラグイン➔新規追加➔「All in One SEO Pack」で検索➔WordPress.orgからダウンロード

Yoast SEO

Yoast SEOは、SEO対策の設定をまとめて管理できるプラグインです。非常に高機能でありながら無料で利用できます。

このプラグインは、様々な便利な機能が搭載されています。例えば、ページごとのSEO対策の設定、XMLサイトマップの自動生成、パンくずリスト機能など他にも便利な機能がたくさん有ります。

SEO対策のプラグインといえば先ほどの「All in One SEO Pack」が有名ですが、このプラグインは、機能をもっと拡張させた感じになります。

設定項目が多いので初めは使いにくいと感じる方も多いと思いますので、All in One SEO Packに慣れてきてもっと色々な機能がほしいと思ったらこちらを使いましょう。

インストール方法

WordPress管理画面➔プラグイン➔新規追加➔「Yoast SEO」で検索➔WordPress.orgからダウンロード

最後に

SEO対策はすぐに効果が表れるものではないので、長期的にじっくり取り組みましょう!

スポンサーリンク