YouTubeじゃダメなんですか?Wistia(ウィスティア)法人向け動画ホスティングサービス

スマホでもPCでも、動画コンテンツを目にしない日はないと言ってもいいくらい、動画サービスが私たちの生活に浸透しています。

個人向けに利用するならYouTubeが有名ですが、動画サービスを提供する企業や、社内で視聴するための法人向けの動画ホスティングサービスとしてはWistia(ウィスティア)が有名です。

今回はそんな企業向けの動画サービスWistiaをご紹介します。

Wistiaはどんなサービス?

Wistiaは法人向けのYouTubeのようなサービスです。
Wistiaにアップロードした動画は、Wistia上から視聴できるのはもちろんのこと、様々なページに埋め込むためのコードが提供されているので、会社のページにWistiaの動画を埋め込んで視聴することもできます。

埋め込んだ動画を再生するためのパスワードを要求する設定をしたり、埋め込めるサイトのドメインを制限できるなど、YouTubeのように動画を完全にオープンにするのではなく、クローズドな環境で動画を視聴したい場合にとても便利なサービスです。

YouTubeじゃダメなんですか?Wistiaの何がすごいの?

特定の人にだけ動画を共有するのであれば、YouTubeの限定公開機能などを活用すれば無料で実施することができます。
じゃあ、なんでWistiaを使う必要があるの?と思われるかもしれませんが、Wistiaには、法人で活用する上で嬉しい機能がたくさんあります。代表的な3つの特徴をご紹介します。

[1] 動画制作者に嬉しいプロジェクト管理

法人向けに動画コンテンツを活用する場合、たくさんある動画コンテンツを整理したり、順番に見て欲しい動画をリストにして提供したいことがあるかと思います。

Wisitiaでは「プロジェクト」と呼ばれる単位で動画を管理し、コンテンツを整理しながら運用する基盤が最初から備わっています。

プロジェクトは動画がたくさん集まった単位で、全ての動画ファイルはプロジェクトに所属します。フォルダにファイルを入れるのと同じ構造です。散らかってしまいがちな動画をプロジェクトごとにきれいにまとめられるので、企業内でも動画を活用しやすくなること間違いない師です。

また、WistiaはSoapboxというブラウザ上で動く動画編集ツール(Chromeエクステンション)を提供していて、動画編集までがっつりサポートしてくれます。

[2] マーケターに嬉しいデータ管理&インラインアクション機能

Wistiaはデータ分析に関する機能も充実しています。
再生回数を動画やプロジェクト毎に集計してくれるのはもちろんのこと、動画がどこまで再生され、どこで離脱されたのかを見やすいグラフで表示してくれます。

また、動画が再生途中でメール登録のフォームを動画の画面内に表示させるなど、プロモーションツールとして動画を活用する際に必要な機能も豊富に提供しています。

[3] 開発者に嬉しい充実のAPI

企業内での利用を目的として開発されたWistiaは、さまざまな用途向けにカスタマイズを施すためのAPIも充実しています。ドキュメントもしっかり完備されているので、使いたいAPIについて調べるのも楽ちんです。


いかがでしたか?

企業内で動画ホスティングサービスの利用を検討している方は、Wistiaをさわってみることをオススメします。
料金がいっさいかからない無料プランも準備されているので、早速Wisitaを使ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク