ExcelってなんでExcelって言うの?その語源について調べてみた

表計算ソフトのExcel。
文章作成ソフトがWordなのは、意味として分かりやすいですが、ExcelはなぜExcelというのでしょう?

その語源について調べてみました。

2012-08-02 01 - Excel Button - Default

競合製品に勝ちたかった説

Excelが誕生した当時、表計算ソフトとしては、Lotus 1-2-3(ロータス ワン・ツー・スリー)が多く使われていました。
そこでExcelです。

Excelの元々の意味は英語の他動詞で「~に勝る」という意味です。Microsoftとしては、Lotus 1-2-3に勝る表計算ソフトだぞ!という意味で新しいソフトの名前をExcelにしたという説です。

Excellentなcell説

Excelのような表計算ソフトでは、表の1つ1つのマス目をセル(cell)と言います。
日本語だと細胞という意味ですね。

一方で、Excellent (卓越した)の初めの5文字を取るとExcelになります。

卓越したマス目をもった表計算ソフトとして、Excelという名前を付けたという説です。

一体どっちの説が正しいの?

Excelの名前の由来について2つの説を紹介しましたが、一体どちらの説が正しいのでしょうか。

実名制Q&AサイトQuoraにある“Why the spreadsheet application in the Microsoft office is named as “Excel?” (なぜマイクロソフトオフィスの表計算ソフトはExcelっていう名前なの?)を見たところ確かな結論はここでも出ていないようです。

ですので、実情は両方の意味が込められているのかも知れません。

絶対にこっちの説が正しい!
あるいは、他の説もあるぞ!という方はコメントいただければ幸いです!
bigger_excel_tairyo

『Excel関数を使わない大量データ集計』

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク