一回転ってなんで360度なの?その意外な理由

半回転は180°、一回転は360°ですよね。

でもこれってなんで360°なのでしょう?
100とか1,000の方が切りがいいですよね?
何か深いいみがあるんでしょうか。

今回はその意外な意味について見ていきたいと思います。

radian

スポンサーリンク
インド式英語のオンライン講座
10時間で英語脳育成プログラム マンガENGLISH100 フルセット版

360°の理由は一年が365日だから!?

結論から言ってしまうと、一回転が360°なのは一年が365日だからです。

「えっ!」

って思いますよね。

もっと数学的な理由かと思いきや、意外とそうではないんです。

はっきりとしたことは分かっていませんが、メソポタミアの人達が勝手に決めたそうです。
当時の計測方法では1年が360日くらい、ということが分かっていて、ちょうど色んな数字で割りやすい数字として、360を一周にすると決められたと言います。

つまり、そのときメソポタミアの誰かが、
「やっぱ362°にしようぜ。」
と言ってたら、一回転は362°になっていたのかもしれません。

ラジアンが必要なわけ

こう考えると、360という数字そのものには、全く意味がないことが分かります。

ここでラジアン(弧度法)です。

半径1の円の円周の長さは円周率Πを使って、2Πと表すことができます。
となると、半周(180°)がΠ、さらにその半分(90°)が1/2Πと角度をΠを使って表せるようになります。

適当に決めた360という数字よりも、円周を元にしたラジアンの方が数学的に意味がある値ですね。

オイラーの公式目指して-数と式

スポンサーリンク
1日で英単語100個覚えるための「RBI記憶法」(英語編)
ネイティブが毎日使う英語のジェスチャー50 KIDS VERSION

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする