Photoshopの正しい学習法 – 3ステップでフォトショをマスター

画像を加工できるようになりたい!Webデザイナーとしてのスキルを磨きたい!そう思って、Photoshopを学習しようと手を付けても、一体何をどう学んだらいいのか分からない方も多いのではないでしょうか?
Photoshopにはたくさんの機能がある分、何を使いこなせるようになれば、何ができるようになるのかはすぐには分かりません。
そのため、Photoshopをインストールはしてみたものの、あまり使っていない、と言った方も多いようです。

今回はPhotoshopのスキルアップのための正しい学習方法をご紹介します。

Photoshop ACT講座

STEP1: Photoshopの基本操作を覚える

最初のステップはPhotoshopの記法操作を覚えることです。
各種ツールの使い方やレイヤーの使い方をしっかり理解していなければ、その後の応用テクニックを習得することが困難です。
逆に、基礎となる操作方法をマスターしていれば、その後の応用テクニックは、基本の組み合わせなので、難なく覚えていくことができるでしょう。

このステップでは、基本操作がまとめられた書籍などで学習するのがいいでしょう。
各ツールの細かい部分は飛ばしていいので、基本的な操作をざっと学ぶようにしましょう。

STEP2: チュートリアルをこなしていく

特定の画像加工テクニックや、ゴールとなる画像を作成するための一連の手順が紹介されたいわゆる「チュートリアル」がWeb上でたくさん見るけることができます。
基本操作を覚えた後のステップでは、そのようなチュートリアルをどんどんこなしていくことをオススメします。
チュートリアルの中には、基本操作をベースに、応用テクニックを駆使するものもあるので、Photoshopで提供されている機能のつっこんだ部分や、各ツールに対するより深い理解を得ることができます。

このステップでは、Photoshopに関する各種Webサイトや、最近ではYouTubeにもたくさんのフォトショのチュートリアル動画があるので、それらWebコンテンツを活用していきましょう。

STEP3: 作りたい画像に挑戦する

実はチュートリアルをたくさんこなすだけでは、Photoshopのスキルアップが頭打ちしてしまいます。
チュートリアルはゴールとなる画像の作り方を教えてくれますが、それ以外の画像の作り方は教えてくれません。
自分で作りたい画像を作れるようになるスキルは、チュートリアルをこなして得られるスキルとは別なのです。

そのため、次のステップとしては、簡単なものでもいいので、作りたい画像を決めて、自分で設定したゴールに向かって画像を作っていくことをオススメします。

このステップでは、作りたい画像に関わる編集方法を検索し、関連するテクニックを逐次習得していきながらPhotoshopスキルを磨いていきましょう。


まとめると、今回紹介したPhotoshopのスキルアップのための3ステップは次のとおりです。

  1. 基本操作マスター
  2. チュートリアル
  3. 自分が作りたいもの

実は、この流れに沿ってPhotoshopをゼロから学んでいけるオンライン学習コースが提供されています。
このオンラインコースを一通り完了すれば、思いのままの画像を作れるPhotoshopスキルを身につけることができます。
Photoshopの勉強法にお悩みの方は是非見てみてください。

初めてのPhotoshop - 1ヶ月で覚える写真加工の基礎から中級まで

初めてのPhotoshop – 1ヶ月で覚える写真加工の基礎から中級まで