ドイツ語学習者が最初に覚えたい3つのこと

このページに辿り着いたということは、あなたはドイツ語初心者ですね!たぶん、大学の第二言語でドイツ語を学ぶことになったからや将来、サッカー留学や音楽留学なんかを考えているから、または単純に好奇心からドイツ語を勉強したいと思ったのでしょう。今回は、全くドイツ語を勉強したことがない人向けです。また、今回紹介する3つの表を暗記すれば、大学1年生の春学期のドイツ語の単位は取れるでしょう。

①基礎の基礎 : 人称代名詞

人称代名詞

ドイツ語版の主語になる代名詞のことです。英語で言えば、”I”とか”you”とかのことです。まずはこれを覚えて、「誰が」にあたる部分を言えるようになってください。

スポンサーリンク
10時間で英語脳育成プログラム マンガENGLISH100 フルセット版

②動詞の人称変化

動詞の人称変化

ドイツ語は主語によって動詞の語尾が変化します。今回は変化している動詞は”lernen”(学ぶ)です。表で見るとlernenのlern以降が変化していることがわかりますね。このlernが動詞の語幹にあたります。ドイツ語の動詞は語尾が”-en”で終わるものが多いです。ですので、”en”より前の部分がその動詞の語幹で、語幹でない”en”の部分が主語により変化すると覚えてください。
例えば、”ich”なら”lerne”,つまり” lern+e”となり、”du”なら”lern+st”、”er”なら”lern+t”、・・・ってな感じです。

③頻繁に使う動詞の人称変化

sein,haben,werdenの人称変化

最後にドイツ語を学ぶさいに最も頻繁に登場する、3つの動詞の人称変化を暗記してください。これらの動詞は過去時制で物事を話すときや受動態の文章で登場します。始めの段階で理屈抜きに暗記してしまうことをお勧めします。

ここまで説明したことの動画での説明と確認テストを受けたい人はぜひこちらへ

スポンサーリンク
完訳 7つの習慣 オンライン講座 完全版
完訳 7つの習慣 オンライン講座 完全版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする