もう怖くないテレアポ。声の勝負と考えて苦手意識を克服しよう

営業という仕事1つとっても、その手法にはさまざまなものがあります。

既存のルート営業、新規開拓営業、その中でも紹介営業、反響営業、飛び込み営業等、会社や人によってさまざまな方法があります。

そんな数ある営業方法の中でも、避けられがちなのが『電話営業』です。テレアポは、見知らぬ会社にいきなり電話をかけることから、恐怖心を持ってしまう人も多いのが実状です。

営業職から電話営業がいまいち好まれないのは、「顔が見えない分、断られやすい」「先方の仕事の手を止めるので怒って切られる」「電話をかけ続けるのがしんどい」というマイナスのイメージがあるから。

けれどそのマイナスイメージ、実は逆手に取れると考えてみるのはいかがでしょうか?

92fb1aa9ac6a380fc88a98747c89c5d9_s

テレアポは顔が見えないからリスクが高い!?

「電話営業は断られやすい」といっても、電話に関わらず、そもそも営業自体「断られる」のが前提です。

同じ断られるなら、社内にいながら電話で売り込むテレアポの方が、外回りで使う移動時間や費用を削減でき、その分営業先件数を増やせるので効率的と考えることもできます。

「いやいや、顔が見えない分、不信感があるからやっぱり外回りより断られやすい、効率悪いよ」と思っている方も多いと思われますが、実は「顔が見えない」というのは営業をする側からしたら「緊張せずに話せる」「話すことを用意しておける」という利点もあります。

逆に、『見た目』の印象を与えることもないので、話す内容と声の質が良ければ、話だけでも聞いてもらえる可能性はアップするとも言えます。

実際、「直接知らない人に会いに行くのは苦手だけど電話なら大丈夫」「人前に出るのは好きではないけれど、喋ることは得意」といった方に内勤としてテレアポを任せ、アポイントには別の営業担当者が出向くと言った方法を採用している企業も存在します。

513607ced76c9dc459ea769e24b924ce_s

今現在、テレアポの仕事に就いていてなかなか受注が取れない、アポイントに繋げられない…、テレアポに苦手意識を感じている…、とお悩みの方もいらっしゃると思います。

何度も言うようにテレアポは顔が見えない分、「声のトーン」が全て。自分が思っている以上に「どうせまた断られる」「やっぱり無理かも」と言った自信の無さは、実は相手に伝わっています。

そして声が全てな分、沈黙を作らずに話し続けてしまうのもNG。間合いこそがテレアポに際して重要なポイントとなるのです。

テレアポをオンラインで学ぼう

下記のテレアポオンライン講座では、先述のテレアポのマイナスイメージを払拭する話から実践まで、テレアポの第一線で活躍して来た講師がレクチャーします。

「良い印象の声を出すには、実は電話をかける姿勢から」「沈黙こそが大事」など、テレアポに対する思い込みが覆る内容となっているので、テレアポを導入しようか検討している営業担当者、テレアポの仕事をしていて伸び悩んでいる方、もしくは既に導入していて社員研修としての教材を探しているという方などに是非ご覧いただきたい内容となっています。

テレアポとは、ただ約束を取り付けるだけではなくお客様が気付いていないような『潜在ニーズ』を引き出すことが重要。

その為のヒアリング力を養成する回も収録しているので、テレアポや営業初心者の方にも学んでいただけます。

ここまで来たら、テレアポを活用しない手はありませんね!

今すぐ使える テレアポマスター術!

今すぐ使える テレアポマスター術!