「西のフランス語、東の中国語」中国語をマスターするとモテる!

「西のフランス語、東の中国語」という言葉を聞いたことがありますか?
実はこれ、ヨーロッパ圏の言語ではフランス語が一番美しく聞こえ、アジア圏の言語では中国語の響きが一番美しいという意味の表現なんです。

母国語でない人がきいても、なんだか美しく感じる中国語。
そんな中国語をマスターすればモテること間違いなしです。

chinese-dress-bloghttps://pixabay.com/p-784649

 

美しく聞こえる言語ランキングでも中国語は上位

綺麗に聞こえる言語のランキングがこちらのブログ(英語)で紹介されています。

Top 10は以下のような準備になっています。

  1. イタリア語
  2. フランス語
  3. スペイン語
  4. ポルトガル語
  5. 中国語
  6. 英語
  7. ロシア語
  8. フィンランド語
  9. 日本語
  10. アラビア語

英語、日本語を抑え、堂々の5位にランクインしています!

やはり「西のフランス語、東の中国語」というように、アジア圏では中国語が美しく聞こえる言語のナンバーワンなんですね!
(ちなみにこちらのランキングではフランス語よりイタリア語の方が上位ですね!)

なぜ中国語は美しく聞こえるのか

中国語が美しく聞こえるというのは分かりましたが、では、一体なぜ中国語が他の言語よりも美しくきこえるのでしょうか?

それは、音の豊富さにあります。

中国語は、
母音が7種類、
子音が21種類、
複合母音が13種類、
鼻母音が16種類、
声調(+軽声)が4種類
あります。

日本語と比べるととても音の種類が多いのが特徴です。

様々な音を組み合わせて作られる中国語は、さながらたくさんの楽器で演奏される音楽のように、美しい響きをもった言語なんです。

美しい中国語をマスターするためには

美しい中国語をマスターして、モテたい!
そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

響きの美しい中国語ですから、何よりも発音の練習をするのが美しい中国語を習得するための第一歩です。

日本語をマスターしているということは、漢字が理解できるという点で他の言葉を話す人と比べ、中国語をマスターする上で一歩か二歩くらいはアドバンテージがあるはずです!
その上で、発音の練習をしてモテる中国語をマスターしましょう!

幸い、Web上にはテキストだけでなく、音声や動画で中国語を学べるコンテンツが豊富にあります。

しっかり中国語の発音をマスターして、 アジアで、いや世界でモテる語学力を身につけましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク