さくらVPSにRedashを構築する

今回の記事ではRedashをさくらVPS上に構築するノウハウを共有します。
Redashに関しては以前にも何度かノウハウをご紹介していますので、そちらを参考にして下さい。

Redashでビジネスデータを管理しよう-ユーザ登録編

さくらVPSとは

さくらインターネットが提供するVPSサービスです。

さくらのVPS

VPSとは、サーバ仮想化技術を用いて、利用者ごとに仮想サーバを提供するサービスのことです。

レンタルサーバとは異なり、利用者には独立したサーバが提供されるため、ユースケースに応じて自由にソフトウェアをインストールすることができます。
Redashでは、Nginx, gunicorn(Python), PostgreSQL, Redisを利用するため、一般的なレンタルサーバ上では動かすことができません。
しかし、VPSであれば、これらのソフトウェアをインストールして利用することができます。

インストール手順

1.VPSの選択

今回は、さくらVPSの 2Gプラン SSD 50GB を利用します。

基本サービス仕様 | さくらのVPS

Redashのドキュメントによると、AWS の t2.small インスタンスのサーバ性能であれば、動作するのに充分なようです。
Setting up a Redash instance | Redash Help Center
この情報を元に、さくらVPSのプランを選択しました。

VPSの契約が終わっていればVPSのコンソールにサーバが追加されています。

サーバに名前を設定して、おきましょう。

契約した「名称未設定」となっているサーバをクリックすると、サーバ個別情報のページが表示されます。

画面右上の「各種設定」 から「サーバ情報編集」を選択します。

用途が分かるように適当な名前を入力しておきます。

2.OSインストール

VPSにOSをインストールします。

Redashでは、Ubuntu向けにインストールスクリプトが用意されています。

https://raw.githubusercontent.com/getredash/redash/master/setup/ubuntu/bootstrap.sh

このスクリプトをそのまま利用したいので、今回は Ubuntu 16.04 をインストールします。

サーバ個別情報のページ右上にある「各種設定」から 「OSインストール」 を選択します。
下図のダイアログが表示されるので、「標準OSインストール」をクリックします。

ダイアログが切り替わるので、下図の様にインストールOSを選択して、パスワードを設定します。

インストールが完了したら、サーバにSSHでログインしましょう。
SSHする際のホスト名もしくはIPアドレスは、サーバ個別情報ページ左上に表示されています。

下記の様にsshコマンドを実行して、先ほど設定したパスワードを入力すれば、サーバにログインできます。

ssh ubuntu@ホスト名

3.Redashのインストール

サーバにログインできれば、あとは基本的には Redash の プロビジョニングスクリプトを実行すればいいのですが、下記2点について注意が必要です。

  • ロケールを設定する
  • 80番ポートを開放する

ロケールの設定

ロケールを設定していないと、プロビジョニングスクリプトを実行した際に、 locale.Error: unsupported locale setting というエラーが発生して、失敗してしまいます。
下記のコマンドを実行して、ロケールを設定します。

$ sudo apt-get install language-pack-ja
$ sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8

もし、この手順を飛ばしてプロビジョニングを実行してしまった場合は、一度 /opt/redash ディレクトリを削除してから、再度実行して下さい。

プロビジョニングスクリプトの実行

下記のコマンドを実行して、プロビジョニングスクリプトを走らせます。

$ wget https://raw.githubusercontent.com/getredash/redash/master/setup/ubuntu/bootstrap.sh
$ chmod 755 bootstrap.sh
$ ./bootstrap.sh

80番ポートの開放

デフォルトで iptables が有効になっており、外部からのHTTPアクセスが弾かれてしまいます。
下記コマンドで、80番ポートを開放します。

$ sudo /sbin/iptables -I INPUT 5 -p tcp -m tcp --dport 80 -j ACCEPT

iptables の設定については、さくらのサポート情報にも記載がありますので、こちらもご確認下さい。

iptablesの設定方法 | さくらのサポート情報

以上で、Redashのインストールは完了です。
ローカル環境から、ブラウザでサーバへアクセスしてみてください。
Redashの初期設定ページが表示されれば、インストールは成功です。

まとめ

今回は、 Redash をさくらVPS上に構築する手順をご紹介しました。

Redashを利用するTipsは過去に本ブログでいくつか紹介していますので、こちらも参考にしてください。

また、ShareWisでは下記のような講座もあります。
Redashの活用と併せてどうぞ。

ビッグデータビジネスを理解したい【初級編 データ分析プロジェクト概論】

ビッグデータビジネスを理解したい【初級編 データ分析プロジェクト概論】

スポンサーリンク